お知らせ

2014.8.18 Facebookより

春すぎからはじめたロルフィングは
先日、8回目が終わりました。

 

わたしの場合は

「ここがこんなふうによくなりました」と、いうより
ゆっくり全体的によくなっている。
そんな感じです。
ゆっくり・・・ではあるのですが、
ベースがしっかりしてきた上でのゆっくりなので、
確実にからだは変わっています。

 

自覚しているのは、歩き方の変化でしょうか。
歩くときの意識の持ち方、脚の運び方。
そういったところが変わったことを
ふとしたときに感じます。

 

イメージは
「草原を歩くよう」。

 

先日、施術のあと
思いついてロルファーのOさんに
筋力(筋肉)について聞いてみました。

 

昨年、左脚を骨折したことで
明らかに左脚の筋力が落ちているからです。

「正しい姿勢でふつうに暮らしていたら
その人に必要な筋力はつきます」と
Oさんは説明してくれました。

 

そのとき、わたしが知りたかったのは
もうすこし意識的につけた筋力(筋肉)のことでした。
たとえば、
「割れた腹筋」のような。

「それは、負荷をかけないとつかないです。
負荷をかけることで能力以上の筋力がつきます。
そういう筋力は、幅があります」
(言い回しは微妙にちがうのですが)

 

そうだ。そうだ。
だから、筋力をつけたい人は
負荷をかけてトレーニングするんだった。

 

帰宅して、そのことを思い出していたとき、
「それは、筋力だけではなく
生き方もそうかもしれない」と急に思ったのです。

 

「自分の思っている(持っている)力以上を使っていると
いつのまにかベースがあがっている」ということがあります。
最初はできなかったことが
いつのまにか簡単にできるようになっている・・・ということです。

 

人が生きている時間のなかには
いくつもの波があります。
無理ができない、しないほうがいい時期があります。
けれど、すこし無理をしてもいい時期、というのもあります。

 

「生き方の筋力」がついていたら
いざというとき、その筋力をつかえます。
自分以外のなにかに、だれかに
その力をつかえるときもあります。
「幅」というのは、
そういうことでもあると思うのです。
そして、何より
適度にしなやかな筋力があるからだが気持ちいいように
生き方も気持ちいい気がするのです。

 

「筋力」は
思っている以上に
重要なものなのかもしれないですね。

 

無理をしないでのんびりもいいけれど、
ほんのすこし背のびをするのも
いいのかもしれない。
ひさしぶりにそんなことを思いました。
休みたいときは休めばいいのだから。

 

「からだと、こころと、生活の筋力」。

 

持ち歩いている手帳に
そのことばを綴りました。

 

 

page top
© hirose yuko All rights reserved.