「紅茶のとき」

2015/11/01

紅茶教室をします。

 

ずいぶん長いあいだ紅茶をいれてきました。
それは、紅茶がすきだから。

 

まいあさ、まいにち、紅茶をいれ
「おいしい」と感じるとき。
それは、流れていくときのなかで
わたしにとっては「自分とむき合う」時間です。
自分に還る一瞬、
大切ななにかを思い出すとき、
いれることに思いをよせること・・・。

 

紅茶は、ほんとうにすこしのことで
おいしくいれられます。
いれかたと気持ちのむけかた。
そのすこし・・・を、おつたえできたら。

 

ストレートティーのほか
12月らしく
クリスマス・ブレンドティーも
ご紹介したいと思っています。
日時2015年12月12日(土)  定員になりました。
午後1時から3時
参加費 3000円

 

場所 鎌倉(ご予約の方にくわしい場所をお知らせします)

 

お申込 http://hiroseyuko.com/contact
こちらのフォームからお申込ください。

「ひとのこころとからだ」稲葉俊郎先生 お話し会

2015/10/02

11月。高松市・仏生山で

東大病院循環器内科の稲葉俊郎先生をお招きして
「ひとのこころとからだ」というテーマで
お話しいただくことになりました。
稲葉先生のお話は、
西洋医学の枠を超えた
「いのち」そのものと向き合う内容です。
からだとは、こころとは、
病とは、治癒とは、生とは、死とは、調和とは・・・。
そういったすべてのことになります。
自分のいのち、存在を肯定し
他者のいのち、存在も肯定する。
病という現象として表れるものの捉え方。
いのちとの関わり方。
そういったものを広い視点から見られるようになります。
いのちが誕生してからくり返される生と死。
いのちの工夫と進化。
その、いのちの歴史という時間のなかで
わたしたちは「最先端」にいる、ということ。
今回、お忙しいなか、
高松に来ていただけることになりました。
貴重な時間になると思います。
あらゆる世代、立場のかたに
聞いていただけたら、うれしいです。
稲葉俊郎さんプロフィール
1979年熊本生まれ。
東京大学医学部付属病院に循環器内科医として勤務。
専門は心臓を内科的に治療するカテーテル治療、心不全。
週に1度、往診による在宅医療も行う。
東京大学医学部山岳部の監督、
涸沢診療所所長(夏季限定の山岳診療所)も兼任。
2015年11月8日(日)
午後1時から4時30分(予定)
参加費 3500円
会場  香川県高松市・仏生山 まちぐるみ旅館 縁側の客室
(ご予約時にくわしい場所をおつたえします)
https://www.facebook.com/machigurumi
当日、託児はありませんが
ちいさなお子さん連れでも構いません。
ご予約時におつたえください。
お申込 http://hiroseyuko.com/contact
こちらのフォームからお申込ください。
11月8日と明記のうえ
参加されるかたのお名前、人数、メールアドレス、お電話番号、
お子さんがいらっしゃるかたはその旨、お願いいたします。

秋。「コーヒー教室」の日

2015/09/10

徳島にあるアアルトコーヒーの庄野雄治さんの
コーヒー教室のご案内です。
コーヒーのいれ方から豆のえらび方など
ご自分の道具をつかって
コーヒー教室をしてくださいます。

 

はじめて「コーヒー教室」をひらいたとき

『カモメ食堂』のセリフを書きました。
「コーヒーは、自分でいれるより
人にいれてもらうほうがうまいんだ」。
いまも、そう思っています。
それでも、自分のために、だれかのために
おいしいコーヒーをいれられたら、と
思うのです。

 

当日は、アアルトコーヒーの豆
庄野さんの新刊の販売もいたします。

 

日時 2015年10月17日(土)
午後1時から午後2時30分

 

場所 鎌倉(ご予約の方にくわしい場所をお知らせします)
教えてくれる方 アアルトコーヒー 庄野雄治さん
参加費   3000円
当日は、ご自宅でお使いのコーヒー道具セット
(ドリッパー、ペーパーフィルター、サーバー、メジャースプンなど
お使いの道具)をお持ちください

 

お申込 http://hiroseyuko.com/contact
こちらのフォームからお申込ください。

page top
© hirose yuko All rights reserved.