「一日カフェ」の日

2016/10/31

11月26日(土)
LETTER.の大浦美和さんと
一日カフェをします。

 
紅茶とコーヒー。お菓子。
ワインもご用意します。
冬がはじるころなので、
バンショーがいいかな・・・と、思ったり。

 

テーブルで本を読んだり
話しをしたり。
陽が暮れるのが早い季節なので
暗くなるころには、灯りをともし、て。

 

 

その日、そのへやは
そのときだけの場になります。
午前11時30分から午後5時(ラストオーダー)まで。

くわしい場所は、
いらっしゃるかたにお知らせします。
下記のアドレスに「一日カフェ」として
お問い合わせください。
http://hiroseyuko.com/contact

ことばをよむ会・旅

2016/09/21

うちうちでやっていた「ことばをよむ会」を
はじめて外にひらくことにしました。
いつものように
すきなことばをすきなように。
「旅」としたのは、
これから、どこかに行って
「ことばをよむ会」をやれるように、と。

 

すこしちがうのは、
お菓子とお茶の時間と
おわるころに
ロータスグラノーラの服部麻子さんのスープを
パンとともに。

 

当日は、物語、詩、うた、
ことばならなんでも結構です。

 

自分の声で、すきなものをよむということを。

 

10月8日(土)
午後二時三十分~五時。
スープは、五時からサーブします。
参加費2000円

 

場所 鎌倉(ご予約のかたにくわしい場所をお知らせします)
お申し込みは、http://hiroseyuko.com/contact

整えの日

2016/09/15

10月。
「整えの日」をひらきます。

 

 

 

松田惠美子さんのボディーワーク。
稲葉俊朗さんのお話し。
松浦裕さんの食事。
会場は、仏生山まちぐるみ旅館 縁側の客室です。
それぞれ、わけていますが
すべて、自分自身を整えるものです。

 
10月22日(土) 定員になりました
14:00~18:00
松田惠美子さんのボティーワーク
深秋から冬をむかえるための整え(1)
(1)22日・(2)23日、両日ご参加のかた 6000円
(1)のみご参加のかた    3500円
動きやすい服装でご参加ください。
会場で着替えも可能です。
タオルをご持参ください。

 

 

 

19:30~
松浦裕さんの食事
旅する夕食
3000円

 
───
10月23日(日)
8:00~9:00
松浦裕さんの食事
静の朝食
1500円

 
9:30~11:30
松田惠美子さんのボディワーク
深秋から冬をむかえるための整え(2)
(2)のみご参加のかた 3000円

 
14:00~18:00

稲葉俊朗さんお話し

からだのつかい方 2020年にむけて
3500円

 
松田惠美子さんのボディーワークは、
2回つづけて受講されるのがおすすめです。
つづけて受けることで
からだの深い部分にアプローチができるようになります。

 

 

 

主宰 縁側の編集室
住所 仏生山まちぐるみ旅館 縁側の客室
香川県 高松市仏生山町甲2489-1

 

 

 

ご予約 http://hiroseyuko.com/contact
こちらのフォームからお申込ください。
「整えの日」と明記のうえ
参加日/参加内容
お名前
人数
メールアドレス
お電話番号
駐車場の有無
をお願いいたします。

 

 

来ていただくかたについて

 

松田惠美子さん
身体感覚教育研究者
日々の動作や日本文化における型などを感覚からひもとき
日常生活に活かせる知恵や技として活用することで
自分の身体を自分で育む姿勢を指導する。
学校教育における教材化の研究協力や企業研修、助産師研修、
僧侶とともに講座などにも携わる。
http://shintaikankaku.jimdo.com

 
稲葉俊郎さん
東京大学医学部付属病院 内科医
専門は心臓を内科的に治療するカテーテル治療、心不全。
週に1度、往診による在宅医療も行う。
東京大学医学部山岳部の監督、
涸沢診療所所長(夏季限定の山岳診療所)も兼任。

 
松浦裕 /マツーラユタカさん
つむぎや 物書き料理家
男性ふたりのフードユニット「つむぎや」として活動。
雑誌、イベント、料理教室、ケータリングなどを通し
和食をベースにしたオリジナル料理を提案する。
また、料理のほか執筆も行う。
著書に『和食つまみ100 』『 あっぱれ おにぎり』など多数。
「整えの日」当日は、パートナーのミスミノリコさん
(ディスプレーデザイナー/スタイリスト)と
ユニットとして料理をつくる。

 

 

 

page top
© hirose yuko All rights reserved.