グラノーラ教室

2017/03/16

春──。

グラノーラ教室をします。
高知・ロータスグラノーラの
服部雄一郎さんに
グラノーラのつくりかたを教えていただきます。
グラノーラは、準備した材料を
さくっと混ぜ、焼く・・・という
シンプルなものです。
けれど、材料や配分、時間で
味が変わります。
雄一郎さんのグラノーラは、
どこかから聴こえてくるかろやかなピアノ曲のよう。
「あ、ピアノ」と、すこしこころ躍るような
そんなグラノーラです。

 
当日は、基本のグラノーラのつくり方から
アレンジの組み合わせ、
おいしい食べ方の提案も。
つくっていただいたグラノーラは、
お持ち帰りください。

 
服部雄一郎さん
慶應大学卒業/東京大学修士課程終了
東京、葉山、バークレー、南インド、京都での暮らしを経て、
現在、高知でグラノーラ、焼き菓子と
季節の野菜のおとどけ便ロータスグラノーラを主宰する。
翻訳書に『ゼロ・ウェイスト・ホーム』
(アノニマ・スタジオ)。
http://lotusgranola.com

 
4月21日(金)
午後1時から3時
参加費 3000円(材料費込)
持ち物
お持ち帰り用の容器(200cc程度の容量のもの)

 
会場 縁側の編集室
高松市仏生山町甲2489-1
駐車場に限りがありますので
満車の場合は仏生山温泉・北側駐車場にお停めください。
温泉からは徒歩10分
ことでん仏生山駅からタクシーで3分
仏生山駅からは徒歩15分になります。

 

http://hiroseyuko.com/contact
お申込 http://hiroseyuko.com/contact
こちらのフォームからお申込ください。
「グラノーラ教室」と明記のうえ
参加されるかたのお名前、人数、
メールアドレス、ご住所、お電話番号をお願いします。

 

 

森田真生さんお話し会

2017/02/11

三月二十四日(金)
独立研究者の森田真生さんをお招きし
縁側の編集室でお話し会を開催します。

森田さんは、どこにも属すことなく
数学の世界を深め広げられています。

その知識と情熱は
聴くひとのこころをつかみ
魅了してやみません。

この世界には、なにかを通し
「自分」を知るという方程式があります。
森田さんは「数学」を通しその世界を見せてくれます。
また「森田真生さん」というひとを通じ
聴くひと自身が「自分」を知ることができるとも感じています。

 

「数学」というと閉じられた世界のように感じますが
森田さんのお話しはその概念を悠々と超え
知らない世界のすばらしさを
垣間見せてくれるのです。

 

平日の午後ですが貴重な機会ですので
ぜひ、お越しください。

 

森田真生さん
八五年・東京生まれ。
東京大学理学部数学科卒業後、独立。
京都に居を構え、独立研究者として活動をする。
著書に『数学する身体』
編著に『数学する人生 岡潔』がある。
二〇十六年に『数学する身体』で小林秀雄賞受賞。
 

森田真生さんお話会
小さな私と大きな世界
──「考える」行為の可能性──

三月二十四日(金)
開場 午後二時三十分
開始 午後三時
終了 午後六時(予定)
参加費 四千円

 
会場 縁側の編集室
香川県 高松市仏生山町甲二四八九の一

駐車場に限りがありますので
満車の場合は仏生山温泉・北側駐車場にお停めください。
温泉からは徒歩、約十分ほどです。
ことでん仏生山駅からタクシーで三分
徒歩十五分になります。

会場は床座りになりますので
必要なかたは、クッションなどご持参ください。

お申込 http://hiroseyuko.com/contact
こちらのフォームからお申込ください。
「森田真生さんお話し会」と明記のうえ
参加されるかたのお名前、人数、
メールアドレス、お電話番号をお願いします。

 

 

桃の節句/週末の喫茶室

2017/02/11

 

三月三日(金)
三月四日(土)

 

桃の節句に、縁側の編集室で喫茶をひらきます。
当日は、コーヒー、紅茶などのお飲みもののほか
お菓子もご用意します。
よろしければ
春を見つけにいらしてください。
午後十二時~午後六時

 

縁側の編集室
香川県 高松市仏生山町甲二四八九の一

 

駐車場に限りがありますので
満車の場合は仏生山温泉・北側駐車場にお停めください。
温泉からは徒歩、約十分ほどです。
ことでん仏生山駅からタクシーで三分
徒歩十五分になります。

 

 

page top
© hirose yuko All rights reserved.