つたえる、と つたわる、のあいだ

2017/05/11

→定員になりましたので
閉め切らせていただきます。

 
 

『&プレミアム』『カーサブルータス』などで活躍されている
編集者であり、ライターの山村光春さんをおむかえして
「つたえる」をテーマに縁側の編集室で
教室を開催します。

 

山村さんは、紙媒体だけではなく
キリン『世界のKitchenから』のウェブ広告、
北欧家具halutaのウェブマガジン「haluta365」
http://www.haluta.jpを立ち上げるなど
インターネットまで含む「つたえる」ことをされています。
特徴は、たのしい、おもしろい、すてき、と、感じられるもの。
 

 
山村さんに、その「つたえる」をどのようにするか
どうすれば「つたわる」か
よりとどきやすくするために
心がけていることなどを教えていただきます。

 

つたえたいことと
つたわることは、すこしちがいます。
ウェブやブログ、SNSを使った発信をはじめ、
書く、話す(山村さんのトークは、とにかくおもしろいのです)
など「つたえる」全般を学べ、
実践できる教室にしたいと思います。
 

山村光春さん
編集者/ライター
カフェ、インテリア、食、
海外文化などのジャンルにおける書籍や雑誌、
広告などの編集・執筆を手がけるBOOKLUCK代表。
東京と長野に拠点を持ち、
これからのよりよい暮らしのかたちを
模索しながら活動する。
編著に『眺めのいいカフェ』
『MAKING TRUCK』(アスペクト)など。

  

6月10日(土)
つたえる、と つたわる、のあいだ
午後1時から3時30分(予定)
参加費 2500円(含/コーヒー・ちいさなお菓子とともに)
縁側の編集室  
高松市仏生山町甲2489-1

 
 
 

お申込 http://hiroseyuko.com/contact
こちらのフォームから
ワークショプ名を明記のうえお申込ください。
参加されるかたのお名前、人数、
メールアドレス、ご住所、お電話番号をお願いします。


端午の節句/週末の喫茶室

2017/04/28

端午の節句/週末の喫茶室
5月5日(金)

 
気持ちのよい季節になりました。

端午の節句の日、縁側の編集室で喫茶室をひらきます。
当日は、季節の麩饅頭とお飲み物をご用意いたします。

 
12時~午後6時

縁側の編集室
高松市仏生山町甲2489-1

 


 
 


グラノーラ教室

2017/03/16

春──。

グラノーラ教室をします。
高知・ロータスグラノーラの
服部雄一郎さんに
グラノーラのつくりかたを教えていただきます。
グラノーラは、準備した材料を
さくっと混ぜ、焼く・・・という
シンプルなものです。
けれど、材料や配分、時間で
味が変わります。
雄一郎さんのグラノーラは、
どこかから聴こえてくるかろやかなピアノ曲のよう。
「あ、ピアノ」と、すこしこころ躍るような
そんなグラノーラです。

 
当日は、基本のグラノーラのつくり方から
アレンジの組み合わせ、
おいしい食べ方の提案も。
つくっていただいたグラノーラは、
お持ち帰りください。

 
服部雄一郎さん
慶應大学卒業/東京大学修士課程終了
東京、葉山、バークレー、南インド、京都での暮らしを経て、
現在、高知でグラノーラ、焼き菓子と
季節の野菜のおとどけ便ロータスグラノーラを主宰する。
翻訳書に『ゼロ・ウェイスト・ホーム』
(アノニマ・スタジオ)。
http://lotusgranola.com

 
4月21日(金)
午後1時から3時
参加費 3000円(材料費込)
持ち物
お持ち帰り用の容器(200cc程度の容量のもの)

 
会場 縁側の編集室
高松市仏生山町甲2489-1
駐車場に限りがありますので
満車の場合は仏生山温泉・北側駐車場にお停めください。
温泉からは徒歩10分
ことでん仏生山駅からタクシーで3分
仏生山駅からは徒歩15分になります。

 

http://hiroseyuko.com/contact
お申込 http://hiroseyuko.com/contact
こちらのフォームからお申込ください。
「グラノーラ教室」と明記のうえ
参加されるかたのお名前、人数、
メールアドレス、ご住所、お電話番号をお願いします。

 

 


page top
© hirose yuko All rights reserved.