「非暴力コミュニケーション・合宿のような1日」WS

2014/03/31

4月26日、ソーヤ海君にふたたびお越しいただき

非暴力コミュニケーションWSを1日かけてやります。

 

非暴力コミュニケーションは、

アメリカの心理学者マーシャル・ローゼンバーグ博士が提案している

衝突や対立を乗り越えるためのコミュニケーション方法です。

家族間や仕事の場面など日常のできごとから

国家間の紛争調整、紛争後の民族間の相互理解と和解まで

幅広く適用できます。

 

気持ちをうまくつたえられない。

家族との確執、仕事面での対人関係などで、

無意識のうちに相手を批判した目で見てしまう。

それにより、自分も相手も傷ついてしまう。

そんなとき、批判の気持ちや評価を超えたコミュニケーションを基本に

共感し合うことを体験し、その伝え方とプロセスを学ぶのが

非暴力コミュニケーションです。

 

当日は、パート1とパート2の2コースがあります。

 

パート1 NVC入門

10:00~13:00    キャンセルがでました

内容

非暴力コミュニケーションの説明

傾聴とリフレクション

共感サークル

4つの要素(観察、感情、ニーズ、リクエスト)

 

13:00~15:00   持ち寄りごはん会・休憩

 

おひとり一品持ち寄りでお願いします。

無理のない範囲で結構です。

不安なとき、ご用意できないときはご相談ください。

 

パート2 NVC実践会

15:00~18:00  キャンセルがでました

内容

簡単なNVCの入門・おさらい

4つの耳(評価・批判とその裏にあるニーズを聞き分ける)

デモンストレーション

共感の実践

 

ご予約時にコース1・コース2、1と2などご希望をお書きください。

ごはん会からのご参加も可能です。

 

2だけに参加される人は予め

NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法を読んでください。

 

本を読む余裕がなければ

http://www.nvc-japan.com/resources

投稿されている二つの記事を

読んでおいておいてください。

 

そして、以下の映像も見てください。

 

Youtube 【マーシャル・ローゼンバーグ 非暴力コミュニケーション】

(1/3)https://www.youtube.com/watch?v=6b7dRoTZI6s

(2/3)https://www.youtube.com/watch?v=IzQrjjXUEKo

(3/3)https://www.youtube.com/watch?v=craV62P16H0

 

 

4月26日(土)

場所 鎌倉

参加費  ドネーション

当日の参加費・会場費などは、

海君の「費用の理念」からドネーションにします。

海君の思いをお読みいただき、ご理解いただけたらと思います。

http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp/p/blog-page_01.html

 

ご予約時にコースのご希望をお書きください。

おすすめは、連続して受けるコースです。

お申込みは http://hiroseyuko.com/contact

までお願いいたします。

お電話番号をお忘れなく。

会場は鎌倉になります。お申込時にくわしい場所をお知らせします。

※ときどき、いただいたメールがこちらに届かないときがあります。

3、4日経っても返信がない場合は、ご一報ください。

 

 

 

マインドフルネスWS ソーヤ海君「坐禅」の日

2014/02/20

東京アーバーンパーマカルチャーを主宰するソーヤ海君にお越しいただき

春の日、坐禅会をすることなりました。

坐禅・・・。

「興味があるけれどお寺に行くには」という方、

「マインドフルネスという言葉を最近、耳にするけれど?」という方、

「おもしろそう」「海君に会ってみたい」と、

理由はそれぞれで構いません。

「 !!! 」と感じた方は。

 

海君の活動は

http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp/

をご覧ください。

2006年にティック・ナット・ハンさん(ベトナムの禅僧・平和活動家)に出会い

禅に目ざめたそうです。

 

わたしは、トランジション鎌倉主宰の「パーマカルチャー入門」で海君と会い

「たのしいことをしよう」「できるよ」というエネルギーに

未来へのスイッチをひとつ押しました。

やりとりしているうちに「禅」という共通点があることを知り

今回、このWSをしていただくことに。

いつのまにか笑顔になっている・・・そんな坐禅になるかもしれません。

 

海君は、初夏に渡米され帰国未定ということですので

ぜひ、この機会に・・・と思います。

 

 

日時 2014年3月30日(日)

参加費 ドネーション

 

 

A禅的生活

10:00~12:30

参加人数 10名     →定員になりました。キャンセル待ちになります。

 

海君と坐禅の出合いなどの話から

どのように日常にとり入れているかをお話しいただきます。

 

内容

瞑想の簡単な説明と坐禅

お話・シェアリング:日常の禅

歩く瞑想(晴天の場合、近くの浜を歩きます)

 

 

B食事の禅

13:00~14:15

15名       →定員になりました。キャンセル待ちになります。

 

内容

ひと口ひと口、

食べるものに集中しながら食事をいただく時間です。

Bに参加される方は、ご自分でお弁当をご持参いただくか

ご希望の方にはベジプレート(有料)をご用意いたしますので

ご予約の際にその旨、明記ください。

参加している方々とシェアしたいものがあれば

差し入れ歓迎です。

 

参考までに

グーグルで行われた、ティクナット・ハンさんの食事の様子です。

http://www.youtube.com/watch?v=zBbszZH_Jos&feature=player_detailpage

 

 

C禅と出会い

14:30~17:30 

10名        →定員になりました。キャンセル待ちになります。

 

ティクナット・ハンさんとの出会いから

たのしい禅寺生活のことをお話しいただきます。

 

内容

癒しの瞑想(deep relaxation 床に横になる瞑想)

ティク・ナット・ハンさんや彼の禅寺生活の話

座禅

みんなのシェア(ダルマシェアリング)

 

 

持ち物

AまたはCにご参加の方

床坐りになりますので、

ご参加の方はクッションやブランケット(Cの方)など

心地よく坐れるもの、横になれるものをご持参ください。

 

 

Bに参加される方

ご自分でお弁当をご持参いただくか

ご希望の方にはベジプレート(あたたかいスープつき・1000円)を

ご用意いたしますので、ご予約の際にその旨、明記ください。

 

 

 

当日の参加費・会場費などは、

海君の「費用の理念」からドネーションにします。

海君の思いをお読みいただき、ご理解いただけたらと思います。

http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp/p/blog-page_01.html

 

ご予約時にA・B・Cのいずれかご希望をお書きください。

ひとつでも、すべてでも構いません。

お申込みは http://hiroseyuko.com/contact

までお願いいたします。

お電話番号をお忘れなく。

会場は鎌倉になります。お申込時にくわしい場所をお知らせします。

 

※ときどき、いただいたメールがこちらに届かないときがあります。

3、4日経っても返信がない場合は、ご一報ください。

 

「コーヒー教室」の日

2014/01/16

コーヒーを飲ないとはじまらない・・・。

「コーヒー教室」の日

 

おいしいコーヒーではじまる一日。

ひといきつきたいときの一杯。

旅先で出合うコーヒー。

ときには、カップ一杯のコーヒーに救われるときも。

 

徳島にあるアアルトコーヒーの庄野雄治さんが

おいしいコーヒーのいれ方から豆のえらび方など

コーヒー教室をしてくださいます。

 

「コーヒーは、自分でいれるより

人にいれてもらうほうがうまいんだ」は、

映画『カモメ食堂』のなかのセリフですが

自分のためにも、だれかのためにも

おいしいコーヒーをいれられたら、と、思います。

 

当日は、アアルトコーヒーの豆の販売もいたします。

 

 

日時 2014年2月22日(土)

A  午後1時から午後2時30分  →定員に達しました。

B  午後3時30分から午後5時       →定員に達しました。

A・Bともにキャンセル待ちになります。

 

場所 鎌倉(ご予約の方にくわしい場所をお知らせします)

教えてくれる方 アアルトコーヒー 庄野雄治さん

参加費   3000円

参加募集人数 A、Bの回とも7名

 

当日は、ご自宅でお使いのコーヒー道具セット

(ドリッパー、ペーパーフィルター、サーバー、メジャースプンなど

お使いの道具)をお持ちください

 

お申込 http://hiroseyuko.com/contact 

こちらのフォームからお申込ください。

WSのタイトル、ご希望の時間、メールアドレス、

お電話番号をお願いいたします。

 

 

page top
© hirose yuko All rights reserved.