「ひとのこころとからだ」お話し会

2015/02/19

定員になりました。

キャンセル待ちになります。

 

東大病院循環器内科の稲葉俊郎先生をお招きして

「ひとのこころとからだ」というテーマでお話しいただきます。

 

稲葉先生にお会いしたのは、昨年、2014年12月のことです。
そのときお話しいただいた「ひとのこころとからだ」は
西洋医学の医師という枠を超えた
わたしたちの「いのち」そのものに向き合う内容でした。

 

それは、こころとは、からだとは、頭とは、病とは、
治癒するとは、生まれるとは、死とは、調和とは・・・。
そういったすべてのことでした。

 

自分のいのちを肯定し、慈しみ、育むことの大切さ。
病気という現象として表れているものの捉え方。
自分だけでなく、他者をもふくむ「いのち」との関わり方。
そういったものを広い視点から見られるようになります。
そして「生きることがうれしくなる」のです。

 

稲葉先生から資料として配布されたプリントには

(まいにちのように眺めています)
以下のことばがありました。

 

「もし人間が死とは何かを知っていたら
こわいと思わなくなるだろうね。
そして死を恐れないようにすれば、
生きる時間を人間からぬすむようなことは、
だれもにも出来なくなるはずだ」『モモ』ミヒャエル・エンデ

 

 

あらゆる世代、立場のかたに聞いていただきたいと思い、
会場をホールにしました。
春の日、よろしけばいらしてください。
稲葉俊郎さんプロフィール

1979年熊本生まれ。
東京大学医学部付属病院に循環器内科医として勤務。
専門は心臓を内科的に治療するカテーテル治療、心不全。
週に1度、往診による在宅医療も行う。
東京大学医学部山岳部の監督、
涸沢診療所所長(夏季限定の山岳診療所)も兼任。

 

 

4月18日(土)

午後1時30分から4時30分
参加費 予価1000円(資料代、会場費代として)

 

会場  鎌倉商工会議所 ホール(地下一階)
鎌倉駅西口・徒歩3分 鎌倉市御成町17-29
鎌倉市役所向かい・スターバックスの並びにあります。
当日、託児はありませんが
ちいさなお子さんもホールにお入りいただけます。
座席状況で膝のうえなど、
いっしょにお座りいただく場合があることをご承知ください。

 

 

お申込 http://hiroseyuko.com/contact
こちらのフォームからお申込ください。
4月18日のタイトルを明記のうえ
参加されるかたのお名前、メールアドレス、お電話番号、
お子さんといっしょの方はその旨、お願いいたします。

 

 

 

マインドフルネスWS ソーヤ海君「坐禅」の日

2015/02/12

ソーヤ海くんの「坐禅」の日。

1年ぶりに開催します。

 

前回、坐禅初体験のかたも多数ご参加いただいたWSです。
海くんと坐禅の出合いは、
ティク・ナット・ハンさんとの出会いだそうです。
ティク・ナット・ハンさんは「マインドフルネス」を提唱されています。
日本では「いま、ここ」と訳されていることば。
わたしたちは「いま、ここ」にいることしかできません。
「いま、ここ」をどう感じるか、どう過ごすか・・・。
海君の坐禅は、海君らしいナビゲートで
リラックスしたなかで行えます。
「興味があるけれどきっかけが・・・」というかた、
日常的にメディテーションをしているかた、
いかがですか。
日時 2014年3月14日(土)
参加費 ドネーション

 

A禅的生活
10:00~12:30
参加人数 15名 定員になりました。キャンセル待ちになります。

 

海君と坐禅の出合いなどの話から
どのように日常にとり入れているかをお話しいただきます。
また「歩く瞑想」でちかくの浜を歩きます。

 

内容
瞑想の簡単な説明と坐禅
お話・シェアリング:日常の禅
歩く瞑想  近くの浜を歩きます。
(雨天の場合も歩くかもしれませんので
その場合はレインシューズ、レインコートなどでいらしてください)

 

B食事の禅
13:00~14:15
15名  定員になりました。キャンセル待ちになります。

 

内容
ひと口ひと口、
食べるものに集中しながら食事をいただく時間です。
Bに参加される方は、ご自分でお弁当をご持参いただくか
ご希望の方にはベジプレート(有料)をご用意いたしますので
ご予約の際にその旨、明記ください。
参加している方々とシェアしたいものがあれば
差し入れ歓迎です。

参考までに
グーグルで行われた、ティクナット・ハンさんの食事の様子です。

 

 

C禅と出会い
14:30~17:30 
15名 定員になりました。キャンセル待ちになります。

 

ティクナット・ハンさんとの出会いから
たのしい禅寺生活のことをお話しいただきます。

内容
癒しの瞑想(deep relaxation 床に横になる瞑想)
ティク・ナット・ハンさんや彼の禅寺生活の話
座禅
みんなのシェア(ダルマシェアリング)

 

 

持ち物
AまたはCにご参加の方
床坐り、床に寝る形になりますので、
ご参加の方はクッションやブランケット(とくにCにご参加の方)など
心地よく坐れるもの、あたたかいもの、横になれるものをご持参ください。

 

Bに参加される方
ご自分でお弁当をご持参いただくか
ご希望の方にはベジプレート(有料・予価1000円~1500円)を
ご用意いたしますので、ご予約の際にその旨、明記ください。

 

当日の参加費・会場費などは、
海君の「費用の理念」からドネーションにします。
海君の思いをお読みいただき、ご理解いただけたらと思います。
http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp/p/blog-page_01.html

 

ご予約時にA・B・Cのいずれかご希望をお書きください。

海君からは「ABC通しがおすすめ」とのことです。
ひとつでも、すべてでも構いません。

 

お申込みは http://hiroseyuko.com/contact
までお願いいたします。
お電話番号をお忘れなく。
会場は鎌倉になります。お申込時にくわしい場所をお知らせします。

 

 

ソーヤ海君「NVC」の日

2015/01/12

昨年春、たくさんの方にお集りいただいた

ソーヤ海君の非暴力コミュニケーション(NVC)のWSを

ふたたび開催します。

 

非暴力コミュニケーションは、
アメリカの心理学者マーシャル・ローゼンバーグ博士が提案している
衝突や対立を乗り越えるためのコミュニケーション方法です。
家族間や仕事の場面など日常のできごとから
国家間の紛争調整、紛争後の民族間の相互理解と和解まで
幅広く適用できます。

 

非暴力・・・というか、
共感コミュニケーションというほうがぴったりのワークです。

 

気持ちをうまくつたえられない。
家族との確執、仕事面での対人関係などで、
無意識のうちに相手を批判した目で見てしまう。
それにより、自分も相手も傷ついてしまう。
そんなとき、批判の気持ちや評価を超えた

コミュニケーションを基本に
共感し合うことを体験し、その伝え方とプロセスを学ぶのが
このミュニケーションです。
当日は、パート1とパート2の2コースがあり、
前回と内容が変わりました。

 

パート1 NVCを体感する

10:00〜13:00    定員になりました。キャンセル待ちになります。

非暴力コミュニケーションの説明
傾聴とリフレクション
共感と共感でないものの違い
自己共感と共感のサークル

 
13:00~14:30

持ち寄りごはん会・休憩

おひとり一品持ち寄りでお願いします。
無理のない範囲で結構です。
不安なとき、ご用意できないときはご相談ください。

 

パート2 NVCの実践を深める

14:30~17:30 定員になりました。キャンセル待ちになります。

 

4つの要素(観察、感情、ニーズ、リクエスト)
4つの耳(評価・批判とその裏にあるニーズを聞き分ける)
デモンストレーション
ご予約時にコース1・コース2のご希望をお書きください。
はじめてのかたは、1と2のご参加をおすすめします。
いままで海君のNVCを受けたことのあるかたは
コース2からのご参加も可能です。

 

お時間あれば、下記の記事と
http://www.nvc-japan.com/resourcesに

以下の映像もご覧ください。

Youtube 【マーシャル・ローゼンバーグ 非暴力コミュニケーション】
(1/3)https://www.youtube.com/watch?v=6b7dRoTZI6s
(2/3)https://www.youtube.com/watch?v=IzQrjjXUEKo
(3/3)https://www.youtube.com/watch?v=craV62P16H0

 

 

2月21日(土)
場所 鎌倉
参加費 ドネーション
当日の参加費・会場費などは、
海君の「費用の理念」からドネーションにします。
海君の思いをお読みいただき、ご理解いただけたらと思います。
http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp/p/blog-page_01.html

 

お申込 http://hiroseyuko.com/contact

こちらのフォームからお申込ください。
WSのタイトル、ご希望の時間、メールアドレス、
お名前、お電話番号をお願いいたします。

 

 

page top
© hirose yuko All rights reserved.