「紅茶のとき」

2016/06/26

7月。

半年ぶりに紅茶教室をします。

「お茶がおいしい」というのは
ささやかだけれど、
確かなしあわせだとわたしは確信しています。

 

昨夜『彼と彼女のセオリー』を観ました。
スティーヴン・ホーキングの自伝的映画で
なかで紅茶のシーンが2度でてきます。

 

映画館で観たときは
物語を追うのに夢中で
紅茶のシーンは流れていったのですが
昨日、その場面はわたしのなかに留り
「ああ、イギリスらしい」と思いました。
「まずは、紅茶を」と・・・。
アメリカ映画だったら
きっとコーヒーなのでしょう。

 

流れゆく時間のなかで
紅茶のときは
自分に還る間でもあります。
だから、何がなんでもおいしいのがいい。

 

そう言えば、ホーキングの研究テーマは
映画のなかでは

「時間 ——TIME —— 」と 。
時のはじまりをひとつの数式で。
紅茶は、手順をふめば
だれでもおいしくいれられます。
むずかしいことはなにもなく、
気持ちを紅茶にむければいいだけ、なのです。

 

夏なのでアイスティーもいれますね。
よろしければ。

 

日時2016月7月30日(土) 定員になりました。キャンセル待ちになります。
午後1時から3時
参加費 3000円

 

場所 鎌倉(ご予約の方にくわしい場所をお知らせします)

 

お申込 http://hiroseyuko.com/contact
こちらのフォームからお申込ください。

 

 

page top
© hirose yuko All rights reserved.