告白

2008/04/18

ずいぶん前から買い物用の袋を持ち歩いている。
日々の食べ物を買うときも、洋服を買うときも
基本的には、持参した袋を使っている。
うっかり、袋をわすれたときの、あの敗北感。
入りきらないときは、服のポケットに押しこんだり
そのまま抱えて帰ることもある。
数年前までは「この袋へ入れてください」と言うと
お店の人に「えっ」と言われたこともあるけれど
(反対に、ほめられることもあります)
ここ1年でおどろくほど、買い物袋は浸透した。
でも、告白してしまうと
買い物袋を持っていても、袋をもらってしまうときがある。
マーガレット・ハウエル、ディーン・アンド・デルカの2店。
それは、袋がすきだから。
マーガレット・ハウエルは、何度も買い物に行かないけれど
ディーン・アンド・デルカは、パンを買いによくおとずれる。
毎回「今日は、断ろう」と思いつつ、入れてもらってしまう。
ロゴのついた布の袋も持っているのに・・・・・。
その2店の紙袋は、ロゴも、紙も、形も、
紙袋とひとくくりにしてまうには、申し訳ないほど、完成されていて、きれい。
それで、ついつい。
いつも反省する。
今日は、大雨のなか午前中に夕ごはんの買い出しに行った。
デイーン・アンド・デルカの前を通ったけれど
また袋をもらってしまいそうな気がして、ちがうお店へ行った。

page top
© hirose yuko All rights reserved.