広がるAloha

2008/03/26

朝、目がさめたら、回復していた。
2日ぶりに紅茶をいれて飲む。
カーテンをあけると春らしい空。
「晴れてよかった」と思いながら茅ヶ崎へむかう。
途中の駅でku:nelを買う(やっと)。
遠山こずえさんが載っているから。
先日、共通の知り合いのOさんが、遠山さんのページのところを
「下を見て読んでいると涙がこぼれる・・・・・」と言っていた。
それを聞いていたので、
電車のなかでは、なるべく下むきにならないよう文字を追った。
でも、鼻の奥がつんとしてくる。
ふう、と息をはき、つづきを読む。
遠山さんのフラへの思い、教室の方たち
目ざしているものなどが、そこにつまっていた。
わたしが感じている、あこがれている
遠山さんのAlohaが、広がっていた。
そのまま、くり返し3回、読んだ。
混んでいた車内は、いつの間にか、人が少なくなり
春らしいおだやかな空気がただよっていた。
茅ヶ崎の駅が近くなったので外を見ると
窓からは、咲きはじめた桜並木が見えた。
ともだちの平松謙三さんのところで紹介されていた
チベットについてのサイト。
ここでも、わたしたちのできることがあります。
http://ymtk.jp/ladakh/
PICT0237.jpg

page top
© hirose yuko All rights reserved.