助け合う

2008/02/13

ひさしぶりにボディワークへ行く。
3か月ぶりに体を見てもらい、どんな状態が教えてもらう。
ずいぶん回復してきているらしい。
きつかったときは、呼吸が体をめぐっていなかったけれど
かなり、まわってきているよう。
家でできることを教えてもらう。
帰りに寄り道をして
新しいジャック・ジョンソンのCDを買った。
ジャック・ジョンソンの音楽は、まいにち聞いている。
『In Between Dreams』がとくにすき。
去年、環境活動をしている
ジャック・ジョンソンの番組を見た。
アースデイ用にナショナルジオグラフィックが作った番組。
ハワイの小学校をまわり、
こどもたちに環境の大切さをつたえる活動を
パートナーといっしょにしている。
Kokua Hawai’i Foundatinという団体で
Kokuaは、ハワイ語で「助け合う」という意味。
考えに賛同したミュージシャンとライブをして、その収益で運営している。
芝生の広がる小学校の教室で
こどもたちといっしょに歌っている姿は、ひとつの理想の形に見えた。
「We’ve got to learn to
 Reduce,Reuse,Recycle・・・・・」
ハワイの海から受けとってきたものを残すこと。
こどもたちに環境の大切さをつたえること。
資源を大事に使うこと。
ジャック・ジョンソンは人生のなかで
「環境のための活動をする」ということも選んだ。

page top
© hirose yuko All rights reserved.