ふたつのシュトレン

2010/12/23

ふたつのシュトレンをいただいた。
ひとつは三浦のパン屋さん、充麦のもの。もうひとつは軽井沢のありんこ菓子店のもの。
充麦はだいすきなパン屋さんで、家から車で30分ほどのところにある。
すこし遠いので頻繁には行けないけれど、近くに行くときはかならず寄る。
自分たちで小麦から作る・・・・ということをしているお店で、何をいただいてもおいしい。
食事パンもおいしいし、クリームパンやあんぱんなども、ちょっとちがう。
シュトレンは、木の実がたくさんはいっていて、コーヒーと合う。
わたしは、穀物コーヒーといっしょにいただいた。
ありんこさんのシュトレンは、昨年の冬いただき、おいしいのを知っていた。
今年のはじめ、この冬用にお願いしたくらい。
でも、夏の終わり・・・・秋にありんこさんが入院したのを知っていたので、
今回は注文の確認などしないでいた。
負担になりそうだったので「わすれていてくれたら・・・・」と思っていたほど。
でも、送ってくれた。
おいしいシュトレンが食べられるのもうれしいけれど、
何より、ありんこさんが、またお菓子を作れるようになったことがうれしい。
ありんこさんのシュトレンは、洋菓子屋さんの味。紅茶に合う。
思いがけず、おいしいシュトレンをふたつもいただいたこの冬。
作っている人がわかるものをいただくとき、その人のことを思いながらいただけるのがうれしい。
あさってはクリスマス。多くの人がお祝いをする日。世界がたくさんの愛でつつまれる。
みんなが、元気でいるように。こころから願う。

page top
© hirose yuko All rights reserved.