まっすぐに

2010/06/19

昨日は、撮影のあと打ち合わせ。
ずっと「うーん、どうなのかなあ」と思っていたことが、
打ち合わせを進めていくうちに、いい流れになった。
流れはじめたとたん、とてもたのしくなった。やりたいことがどんどんわいてきた。
打ち合わせが終わって思ったのは
「うーん」と感じていたことを、そのままにしないでよかったということ。
ときどき「言ったらわるいかな」と思い、言葉を呑みこんでしまうことがある。
ぶつからないようにしようとして、本質がつたわらないこともある。
とくに仕事のとき。
関わる人が何人もいるので、そうなってしまう。
仕事をはじめたころは、そんなことは、ほとんどなかった。
きちんと言葉にして、とどかなかったらとどくまで話した。
まっすぐだったんだと思う。よくも、わるくも。
だけど、いつの間にか、言葉を呑みこむようになった。
時間がなかったり、相手の空気を察したり、気にしているのが自分だけだったり、
ガンコだと思われたくなくて(そうなんですけど・・・・)。
でも、この前、それは「やめよう」と思った。自分で責任を取ろうと思った。
責任を取るというと大げさだけど、
自分のやっていることは、自分の意志でやっていることだから。
責任を外に見つけることは、何も生み出さないと感じたことがあったから。
それに、呑みこむことは、自分を、自分の感覚を信じていないことだとも思った。
だから、昨日は、ずっと「うーん」と思っていることを話しつづけた。
さらに、昨日は最初「うーん」と感じているその理由を自分でも具体的にわかっていなかった。
それを根気強く聞いてくれていたとき、ふっと、答えが見つかった。
自分のなかにあった「何かがちがう」という、その違和感がそのとき消えた。
「何かがちがう」という違和感。この感じをここ数年、呑みこんでいたことにも気がついた。
話し合って理解していくことと、相手を尊重することと、呑みこむことはちがう。
いまは、世界の流れがまだ速くみんなが忙しい。
だから、ちょっとした違和感だったら呑みこんでしまうほうが、みんなが助かる。
それは、空気でわかる。
だけど、本当はそれが大事なときもある。
まっすぐは、ぶつかる。まっすぐは、いやがられる。わがままだと思う人もいる。
でも、まっすぐがいい。
「未来の教室」を開くことも、わたしにとってはまっすぐなこと。
思うこと、思われることはいろいろある。でも、わたしのなかでは大事。
葉山で撮影するときは、いとうともよさんにお弁当をたのむことが多い。
昨日もそうした。ともよさんのごはんは、まっすぐ。
PICT1778.jpg

page top
© hirose yuko All rights reserved.