初詣

2008/01/04

1日は、初詣に行ってから夫の実家のある葉山に行った。
初詣では、参拝して
神社が用意してくれている甘酒をいただき、
そのあと、おみくじを引く。
今年は、久しぶりに大吉だった。
「草も木も同じ恵みのときを得て
 野山の春は風ものどけし」とあった。
下には、細かく運勢が書かれている。
「交際」というところには、
孤独でよい・・・・・。
神社では、本殿の前に
しめ縄のようなものでできた輪が作られていて
みんな、そこをくぐってから、お参りする。
人型の紙が下がっていたので神社の人に聞いてみたら
「この半年の汚れを人型に移すものです・・・・・」と教えてくれた。
半年後に、また、おなじ輪をつくるらしい。
いつもは、静かな境内が
この日だけは、にぎわっている。
でも、並ぶほど混んでいないのがいい。
すこし離れたところにあるもうひとつの神社は人気があり
お参りするのに、2、3時間並ぶ。
わたしは、甘酒を飲んで
のんぴりできる、こちらの神社のほうがすき。
空が青くきれいな日だった。
葉山から東京に帰ってきた日
イイホシさんにおみくじのことをメールで報告した。
「孤独でいいって言われると安心しますね」と返事があった。
おなじことを感じていたので、おかしかった。
イイホシさんのおみくじには
「はげしい世の中の変動にあっても
 常に修養につとめ厳上の松のように
 不動の信念の根を養いなさい」だったそう。

page top
© hirose yuko All rights reserved.