もうひとつの『いのちをいただく』

2009/12/19

初女さんのお話の会に行った。kokuaのすえちゃんと夫と。
会場が赤坂だったので、チャヤのマクロビオティックカフェでお昼を食べてからむかった。
初女さんのお話を聞くのは、4回目。
今日は、ガイアシンフォニーの上映もあり、
そのあと、初女さんがおむすびのにぎり方を教えてくれるという時間もあった。
炊飯器で2合炊いたごはんは、初女さんの手のなかで5つのまるいおむすびになった。
梅干し入り。そのおむすびは、抽選で5人の人が食べられることになっていた。
(はずれた人は、ケータリングの人がにぎってくれたおむすびがいただけます)
わたしは、食べることはできなかったけれど、初女さんの姿が見られただけで充分。
1年前を思うと、すこしやせられたような気がする。
今回、初女さんが、どこかのお米屋さんのために書いたという文を紹介してくれた。
そのタイトルが『いのちをいただく』だった。
参加した人全員にそのコピーをくれたので紹介します。
いのちをいただく
今朝も、ふっくらおいしそうに
          炊き上がった
ごはんが輝いている
一粒一粒が呼吸をしている
毎日はおろか何十年も
食べているのに飽きもせず
食べるたび新鮮な気持ちで
          味わえる幸せを
かみしめ今日も感謝で生きる
             佐藤初女
初女さんは、88歳。
こんなに高齢な方ががんばっているのだから・・・・・といつも思う。
この時期、こんな思いのとき、初女さんのお話が聞けるなんて。
講演会を教えてくれたSさんに感謝した。
初女さんは「出会いほど尊いものはありません。
この出会いが、つぎのよき出会いにつながるように」と、言っていた。
Sさんが、その言葉をわたしに運んでくれた。
12月にはいって、ふたつの『いのちをいただく』と出合った。
ふたつとも、贈り物だ。
・・・・・・・・・・
本屋さんの連絡3
ほんとうにほんとうにたくさんのご注文ありがとうございます。
読んでくださった方が、また、ご注文くださり、
おなじ思いになったんだ・・・・・と、うれしいです。
発送が間に合わずに申し訳ありません。

page top
© hirose yuko All rights reserved.