Bee`s cafeとペアルック!

2009/10/07

日曜日は、Bee`s cafeへ。葉山からSさん親子といっしょに行った。
会場には、北海道、青森、岩手、仙台・・・・・と、各地から集まっていた。
関係者を含め、会場には100人ほどの人。
その人たちとワールドカフェスタイルという方法で、いろいろなことを話した。
このワールドカフェというスタイルは優れていて
たくさんの人といくつものテーマで話すことができる。
自分のすきなテーマのテーブルを時間を区切ってまわるので、それぞれの意見が聞ける。
テーブルには、必ずひとりの人がずっといて、その人がみんなの意見を紙に書いていく。
だから、テーブルが変わり、人がどんどん入れ替わっても、
どんな意見があったか、何を話したかがすぐわかる。
少人数にわかれて話すので、みんなが話すことができるし、話す時間が決まっているので間のびしない。
リズムがあるので、長時間、話してもあきない。
ワールドカフェスタイルは、欧米で生まれた方法。
トランジション葉山でも、このやり方で話している。
それをBee`s cafeのスタッフの人たちが、とり入れてくれた。
Bee`s cafeには、祝島、六ヶ所村のことを気にかけ、心配している人たちが来ている。
だから、自然と話題は、そのことが中心になる。
祝島は、いま、まさに正念場。日々、気がぬけない状況。
お年よりばかりの島で起きているかなしい現実。
おばあさんやおばちゃんたちは座りこみをして、おじいさん、おじさんたちは船をだし海を守っている。
でも、問題は、祝島や六ヶ所村だけではない。
辺野古の基地、横須賀の原子力空母、高尾山のトンネル工事・・・・・と
同じような構造で起きていることがたくさんある。
葉山と横須賀はとなり同士。横須賀にいる空母は、原子力発電所が海に浮かんでいるようなもの。
何かあれば、葉山もいっしょに被爆する。
おなじテーブルにいた人が「こういう問題は、できるだけ避けたいと思っていて・・・・・」
と、言っていたのが印象的だった。
その気持ちも、とても、わかる。
Bee`s cafeが終わってロビーにいたら、仙台から来ていた女性が声をかけてくれた。
ステッカーを作っていて、売上金を寄付する活動をしているそう。
そのステッカーは、根本きこさんの車にも貼ってあるもので、かわいいと思っていた。
Sさんも、わたしも、1枚ずつ買った。
ときどき、環境問題や原子力発電のことを言ったり、書いたりしているのが、
無力に感じてしまうことがある。
でも、ちがう場所でも、おなじ思いで活動している女性、女の子たちに会うと力をもらえる。
夫は、Bee`s cafeのスタッフで、このイベントのため、春から毎週ミーティングを重ねていた。
仕事が終わった7時ごろからどこかに集まり、11時すぎまでみんなで打ち合わせをしていた。
おつかれさま。
タイトルのペアルックというのは・・・・・。
その日、別々の場所から、Bee`s cafeに向かった夫とわたしは、会場についてびっくり。
おなじセーターを着ていた。ふたりとも、n100のボーダーセーター。
「うわ、ペアルック」。それが、第一声でした。
PICT1319.jpg
http://newsoul.blog25.fc2.com/blog-entry-221.html
・・・・・・・・・・
まりさん、ちやさん、コメントありがとうございます。
わたしは常々「大人になるのはいいものだよ」と言ったり、書いたりしています。
ほんとうに、そう、思っています。
コメントをくれた中学生のおふたりが、大人になったときに
「ほんとうに大人になるっていいものなんだ」と思える世界にしていきたいです。

page top
© hirose yuko All rights reserved.