未来の食卓

2009/09/15

『未来の食卓』を見に行った。
なかなか行けずに、こんなにおそくなってしまった。
いっしょに行ったのは、夫と葉山のSさん親子(小学校1年生の女の子)。4人でならんで見た。
フランスの美しい風景、豊かな実り。
その一方で問題になっている、農薬、病気・・・・・。
農家の人が、防毒マスクのようなものをつけて(とてもごつい)農薬を撒いていた。
農薬を撒くと、3日間、鼻血が止まらないという言葉に息をのんだ。
フランスは、食料自給率が120%と豊かな国。でも、問題はいくつもある。
そんななか、オーガニックの給食に切り替えた村。
めんどうなこともたくさんあるけれど、そうしようと思ったことが、ひとつのモデルになるはず。
大人は自分の選択で、食べ物を選べるけれど、こどもは自分で選べる立場にない。
だからこそ、食べ物も、給食も、大事だと思う
給食をオーガニックに・・・・・。すこしずつ、その輪が広がればいい
映画の中で、給食を作っている人が「もう、後戻りはしない」と言っていた。心強かった。
もっと、たくさんの人、とくにお母さん、お父さんに見てほしい。
興味のある方は、ぜひ。
すえちゃんのブログでも紹介されていました。
http://untietree2.exblog.jp/

page top
© hirose yuko All rights reserved.