28歳の革命

2009/03/06

『チェ 28歳の革命』を見た。
ずっと、見たいと思っていたもの。ようやく見に行けた。
ゲバラを主人公にした映画は、これで2作目。
何年か前に『モーターサイクル・ダイヤリーズ』を見た。
そのとき、映画のなかのエルネスト(ゲバラ)は、医学生できらきらしていた。
今回、革命家になっていた。
見ながら胸が苦しくなった。
そして、いまの世界のことを考えた。
キューバ革命は59年に起きたこと。遠い遠いむかしのできごとではない。
『38歳 別れの手紙』も見たいと思っている。
主演のベニチオ・デル・トロが、とびきり、すてきだった。
ゲバラは、革命後、来日して広島をおとずれたそうです。
そして、いま、キューバの小学校では、
ヒロシマとナガサキのことをこどもたちに教えているということです。

page top
© hirose yuko All rights reserved.