沖縄の海で

2009/03/04

いしちゃんからきたメールに沖縄に棲息するジュゴンのことが書かれていた。
沖縄は、ジュゴンの棲息地の北限。いま、数頭がいると言われている。
そこに、アメリカ軍の基地の移転が決まっている。
いしちゃんの仕事場の人たちの何人かは、
ジュゴンを絶滅から救うため現地で調査をしている。ボランティアで。
そこでは、いろいろ、問題が起きているそう。
たとえば、ジュゴンは、ウミクサしか食べない。
それなのに、そのウミクサを意味なくつぶすことをしたり・・・・・と。
本来、環境アセスメントは、国が時間と予算をとって調査するべきこと。
だけど、公正な調査は、あまりされない。開発する、というのが、前提にあるから。
だから、守りたい人たちが自ら進んでやるしかない。
国の方針。開発の構図。外国の思惑。そこで働くたくさんの人たちの生活。
失われていく自然。絶滅しかかっている生き物。
メールには「六ヶ所村と一緒だなあ」とあった。
ほんとうに・・・・・そう。残念だけれど。
ちいさな声、ちいさな生命、ちいさな意見は、大きなものに消されてしまう。
だけど、そこに踏みとどまり、活動をしている人たちもいる。
昨日、見た夢は、海にクジラたちがいるもの。
場所は、ハワイという設定だったけれど、風景はハワイぽくなかった。
浜から見えたのは、大きな波とその波間でジャンプするクジラたち。
のびのびと自由に飛んでいた。
たのしい夢だった。
http://sea-dugong.org/

page top
© hirose yuko All rights reserved.