パリからのメール

2009/02/01

パリとコペンハーゲンに滞在しているイイホシさんから
ここ1週間、何度かメールがとどいている。
ふだん、東京でやりとりしているのとほぼ変わらない。
メールって、ほんとうにすごい。
行く前に「いっしょに」と、さそってくれたけれど
「寒いから行かない・・・・」と、わたし。
でも、パリは思ったより、寒くなかったそう。
大きなストがあったので、
コペンハーゲンに行けないかもしれないと書いてあったけれど、
無事、行けたようでよかった。
フランスは、病院も、学校も、ストをするというのをニュースで見ておどろいた。
さすが・・・・・と言うのかな?
バリ在住のS さんからは、わたしに渡してほしいと、ビオの豆を1キロ、預かったらしい。
うれしいけれど、重そう・・・・・。たのしみに待っている。
イイホシさんのサイトでは、noteという日記がある。
この前、阪神大震災のことが、書かれていた。
以前、イイホシさんと「物」について話したとき
ふたりとも「物」に対して、おなじような考えを持っていた。
いつも、たくさんのことを話して、自分のことを確認している。
昨日、就職活動をしている方からコメントがあった。
わたしも、イイホシさんも、いまの場所に来るまで、とても遠回りをしている。
学校を卒業して、すぐ、いまの道が見つかったわけではない。
わたしは、卒業して、ふつの会社に勤めて、それから本の世界にはいった。
フリーになったいきさつは、この前、書いた通り。
ときどき、20年前の自分にメッセージがつたえられるなら
「大丈夫だから」と言ってあげたいと思うことがある。
就職活動、うまくいくといいですね。
体も、こころも、ぐったりしてしまうことがあると思います。
(わたしは、そうでした)
でも、この先の道は長いです。いろいろな可能性が広がっています。
http://www.y-iihoshi-p.com/

page top
© hirose yuko All rights reserved.