ハワイへ

2009/01/06

昨日、kokuaをいっしょにやっている小夜ちゃんがハワイへむかった。
しばらくの間、ハワイで暮らすため。
迷っていた時期もあると思うけれど、
わたしの目には、すぐにこころを決めて、素早く手つづきをして、旅立ったように映っている。
去年の春、小夜ちゃんに環境チームを作りたいと相談してから、あっという間にkokuaはできた。
それとおなじように、1年も経たないうちに、ハワイ行きを決め、行動したことに「さすが」と思う。
ハワイに遊びに行くのがたのしみ。
小夜ちゃんがいるあいだに行きたい。
わたしも20代の終わりにハワイに住みたいと思ったことがあった。
留学がいいと思い、いろいろ調べた。
ハワイにいると気持ちがいい。体もこころも。それが、最初の理由。
あとは・・・・・自分の探している何かがあるような気がして。
そのときは、自分の可能性と限界と夢と現実、
いくつものことが絡まって、ちがう場所に行きたいという思いもあった。
気持ちよく生きていけるところを見つけたいと思っていた。
でも、結局、行くのをやめた。
それは、自分のいる場所でやらないといけないことがまだある気がしたのと
ここで(東京で)しあわせになることが、わたしにとっての課題。そう思ったから。
最終的に、わたしは、ハワイ行きをやめ、出版社を辞めた。
どうなるかわからないけれど、スタートラインを自分で引き直し、おなじ場所でがんばることにした。
それが、20代の終わりに選んだこと。そして、いまに至っている。
いまでも、ときどきハワイで暮らしたいと思う。
いつか暮らすかもしれない。
でも、それは、20代の終わりに考えていたこととは、すこしちがう。
kokuaには、小夜ちゃんと入れちがいで、ひとり新しい人がはいることになった。
それについては、また、今度。
いろいろなことが、少しずつ、変化していく。
その変化が、みんなにとって、いいものであるように。

page top
© hirose yuko All rights reserved.