ちいさなキズ

2007/12/13

朝から雨。
風があるからか、窓につく水滴が
斜めの模様になっている。
窓から見えるイチョウの葉っぱも
今日の雨で大分、落ちるだろう。
木のむこうの景色が、すこし、見えている。
3日前、クローゼットから物をとろうとしていたら
上からなにか落ちてきた。
一瞬、なにが起こったのかわからなかった。
落ちてきた物がなにかもわからなかった。
「イタッ」と思い、床を見たら
そこにあったのは、写真立て。
ガラスが割れなくてよかったと思いつつ
痛みの元を確認するためカガミを見る。
額に1センチ。縦に血がにじんでいる。
あーあ。
マキロンをつけたら、思いのほか、しみた。
1日経ったらカサブタになったけれど
キズがあるのをわすれて
顔をゴシゴシふいてしまい、そのたびに「イタイ」と言っている。
こどものころ、治りかけたカサブタを
何度もはがして、キズがなかなか治らなかった。
どうしても、あの誘惑に勝てなかった。
(ぱかぱかしているところから、そっとはがしたくなりませんか?)
キズの多いこどもで、両ヒザにはカサブタがよくあった。
走ったり、飛び降りたりが、当たり前だったから。
幼稚園のとき、水のなくなった空のプールのまわりを走っていて
そのままプールに落ちた(飛びこんだ)ことがある。
顔の左側半分をすりむき、
1か月くらいカサブタで顔がおおわれていた。
あれは、ひどかった。
みんな、こわがっていた。
翌々月にもおなじように走っていて
今度は、右半分にカサブタができた。
顔にカサブタができたのは、あれ以来かもしれない・・・・・。

page top
© hirose yuko All rights reserved.