パタゴニア・ストアイベント

2008/07/17

パタゴニアの田中優さんのお話の会は、前回より盛況だった。
以前は50人ほどで、来ている人たちは、ほとんどが女性だった。
今回は、100人くらいになり、男の人の数がぐんと増えていた。
すこしずつ、意識が変わりはじめているのかもしれない・・・・・。
kokuaのメンバーは、ほぼ参加。ほかにも知り合いの人に何人か会った。
優さんは1時間30分、ノンストップで話してくれた。
いつも感じるけれど、すばらしい話だった。
今回は、森林がテーマ。
日本は、何十年もアジアからの木材が輸入、NO.1だったこと。(いまは中国)
1度しか使われずに使い捨てられる材木がどれほど多いか・・・・・など
数字を交え説明してくれた。
サミットのことにもふれ、あまり評価していない感想なども・・・・・。
わたしは知らなかったけれど、自衛隊の戦闘機が飛んだらしい。
1機が8時間飛ぶと、日本人ひとりが一生かかって出すC02がそれだけで出てしまう。
環境のことを話す会議にふさわしくない演出だと話していた。
(唯一、評価できるのは、バナソニックの製品を
中国が大量に輸入するという話がまとまったということ。
環境にいい製品なので、それは評価できるということでした)
優さんは「反戦なくして環境問題は解決しない」と公言している。
わたしたちがどんなに努力しても
戦争が起これば、すべてが帳消しにされてしまう。
電気を使わないようにして、CO2をださないようにして
水を大事にして、食べ物をムダにしないようにしても
戦闘機が飛び、爆弾が落ちれば、その努力は消えてしまう・・・・・。
そのことをいつもわすれないでいたいと思う。
目に見えること、身近なことで、できることをしていくと同時に
大きな問題も見ていけるようになりたい。
会場では、知り合いのAさんに会い、手作りお味噌をいただいた。
今日の夕ごはんのときにキュウリにそのお味噌をつけていただいた。
おいしかった。
『戦争って、環境問題と関係ないと思っていた』
田中優・著 岩波書店
・・・・・・・・・・
うさぎさんのコメント、何度も何度も読みました。
同じ方向を見ている人たちと手をつないでいきましょう。


page top
© hirose yuko All rights reserved.