ヤクルトのキャプテン

2008/07/09

昨日のプロフェショナル(NHK)は、ヤクルトの宮本選手。
宮本は、ヤクルトのキャプテンであり、代表のキャプテンでもある。
もちろん、わたしのすきな選手のひとり。
でも、すきだけれど、
宮本が、どういう経緯でプロになったのかは知らなかった。
PL学園にいたことも知らなかった。
宮本は、古田とおなじようなコースで
プロになったのをはじめて知った。
高校、大学でドラフトからもれ、社会人野球、そしてプロ。
体もちいさく、ホームランバッターでもない宮本が
どのようにして、みんなから信頼される選手になったか、
番組はそんな流れになっていた。
わたしは、元々ドラフト1位など、
かがやかしいスタートにあまり興味がない。
だから、社会人野球からきた、というだけで
その情熱(野球をつづけようとする意志)にぐぐっと引きよせられる。
宮本のまじめさと、野球がすきという気持ちを感じた。
宮本の転機は、野村監督だったそう。
古田もそうだった。(はず)
いま、ヤクルトで1番すきな選手は、石川。
あんなに小柄なのにエースとしてがんばっているところに惹かれる。
それにしても阪神、強いですね。

page top
© hirose yuko All rights reserved.