2008年・後半

2008/07/01

今日から7月。
2008年、後半のはじまり。
そろそろ、秋にだす本にむき合わないといけない時期。
ほんとうだったら、とっくに本格的にはじめている予定なのに
体がまだ準備できていない。
頭ではわかっているけれど、体がつぎにむかっていないのだ。
以前はそういうとき、気持ちがあせって
書けないのに何時間も机の前に座っていた。
だけど、最近は、今日は、まだみたいと思うと
できるだけのことをしてから、ちがうことをするようにしている。
「そのとき」は、かならず来るから
それをあせらず待てばいいと思えるようになった(気がする)。
ある朝、目がさめると「今日だ」というときがある。
ほんとうに。不思議だけれど。
そうすると、体もこころもつぎの体勢になっている。
なにがきっかけでそうなるのか、わからない・・・・・。
と、言っても、それは、わたしの都合なので
編集の人は、当然、きちんと進んでいると思っている。
月が変わったこともあり、今日は担当の方ふたり、
それぞれ別の出版社から「いかがですか?」のメールがはいっていた。
すみません。
今日は夕方、自転車に乗った。
坂を上がっていくと背中に夕日が当たり、あたたかかった。
町は、夏の気配につつまれていた。
名前がわからないけれど、この時期に毎年かぐ
植物のかおりが、ただよっていた。
あの木は、なんていう名前なんだろう。
この季節、白いちいさなちいさな花をつける木です。
・・・・・・・・・・
7月25日に文藝春秋より『できることからはじめています』が出ます。
すてきな方たちに取材させていただいた環境をテーマにした本です。
出版を記念して、青山ブックセンターでイベントを行います。
7月31日、夜の予定です。
くわしいことが決まりましたら、お知らせします。

page top
© hirose yuko All rights reserved.