ちいさなお菓子

2007/12/02

先日、仕事先の方からお菓子をいただいた。
ほいあん堂という佐賀にあるお店のもの。
あたたかいほうじ茶をいれて、
ぽりっ、ぽりっ、ぽりっ。
・・・・・。
はっとした。
とてもまっすぐな味をしていたから。
素朴な味なのだけれど、ただ、素朴というのとはちがって
作っている人が、どうしてこのお菓子を作っているのかが
わかるような味だった。
お菓子の袋を見ると佐賀で作られていた。
作っている方にお会いしたい。そう思う味。
「作るものはその人を現す」。
いつも、そう、思っている。
言葉や、会話や、見た目では、照れもあり
かくしている部分が、人にはある。
その反対も。
でも、それが形になると出ることがある。
ある意味、目の前にいる人より
その人が作ったもののほうが、正直なこともある。
ほいあん堂のお菓子を食べて、そのことを思った。
いつか佐賀のお店へ行こう。
お菓子をくださったのは、アフタヌーンティーのウエッブを
ずっと担当してくれている松浦さん。
おいしいものをありがとうございます。
PICT0030.jpg

page top
© hirose yuko All rights reserved.