2月7日お話の会

2010/02/02

2月7日大地を守る会に六ヶ所村にお住まいの菊川慶子さんがお見えになります。
お話を聞けるので、ご興味ある方はいらしてください。
以下、告知です。
2月7日(日) 14:00〜16:30 大地を守る会・六本木分室
『六ヶ所村の菊川慶子さんとの茶話会』
菊川慶子さんは、青森県六ヶ所村でチューリップ農園「花とハーブの里」をいとなんでおり、
核燃料サイクルの「六ヶ所再処理工場」に、長く反対をしている 方です。
核燃料サイクル事業の交付金に頼らない村にしたいという思いで作った
「花とハーブの里」には、全国からさまざまな人たちがボランティアで集まってきます。
映画「六ヶ所村ラプソディー」は、再処理工場に推進・反対、両方の立場の人の思いや
日常を映したものでした。
その中にも出てくる、菊川さんのお話を直接聞いてみませんか?
・連絡先 2月5日(金)まではtomeyoukai@daichi.or.jpです
     当日は正午から03-3402-8841が通話可能です。
・事前申込みは不要ですが、満席の場合入場していただけないことがありますので
 あらかじめご承知おきいただきますようお願いいたします。
 主催:大地を守る会 原発とめよう会
・・・・・・・・・・
今年のはじめ・・・・・だったかな、原子力発電所で働く19歳の男の子が
内部被爆したというニュースが流れた。
もちろん、ネットだけで。
その事実と19歳という年齢、いくつものことが頭をよぎった。
そういうことを聞く度、知る度、わたしは「ふーん、そうなんだ」で、終わらすことができない。
どしても、こころに引っかかってしまう。
そんなふうに事故に遭ったり、病気になったりしている人が何人もいる。
その人たちは、だれかのこどもであり、お父さんであり、兄弟であり、夫・・・・・だから。

page top
© hirose yuko All rights reserved.