「少食」日記16

2013/05/22

「少食」も終わり間近。いや、終わり?!

 

一昨日、東京の鍼の先生がいらしてくれて、からだを診てもらった。

「背中の一部に痕跡がすこし残っているけれど、内臓はだいじょうぶ」と言われた。

脈もいいらしい。

これでふつう食にもどしていける。

でも、急に「これとあれを食べて」では、せっかく調ったからだがもったいない。

ふつう食にプラスしながら、すこしずつ、食べたいものを食べよう。

とは言っても、骨折中なので、あれもこれも食べに行けないし

作ることのできるものも限られている。

あまり長い時間キッチンに立つのは、骨折にはよくなさそうだ。

 

鍼の先生、あずささんは、月に1回、こちらに来てくれ診てくれている。

(高松の鍼灸も、あずささんが紹介してくれた)

いままで4回受けた。いつもじっくり2時間ほど鍼とお灸をしてくれる。

部屋で診てもらえるのがよく、わたしは夜に受けて、終わったあと眠る。

話も、からだの見方も、おもしろく

「いまの治った状態をキープするために、骨折したのかもしれないですね」と、さらりと。

確かに。

わたしは、すぐ、動いてしまうので、この状態はいいのかもしれない。

ともだちと「カツオを食べに高知に行こう」と、骨折二日前に話していたくらいだから。

 

少食をしてよかったのは、

日ごろ自分がなにを、どれだけ食べているかわかったこと。

日々・・・というのは、案外、流れていってしまうことも多く

気に留めているようで留めていないこともある。

「食べる」ということ

「食べ物」そのものも、そういうところがある。

ある?   あった?   というのに気づけた。

 

あとは「食べたい」と思っているものが、

ほんとうに食べたいのか、イメージで食べたいのか、習慣で食べたいのか。

「粉ものが食べたい」と度々、思ったけれど

こういうとき、コンビニエンスストアで売っているものが食べたいのではなく

「あそこのあれ」だったり、「あの人がつくったこれ」だったりする。

「食べ物」と一括りでくくっているけれど、

ほんとうは一括りできないものなんだ、とあらためて思う。

 

何が食べたかったのか・・・と言うと、

お店で言えば、鎌倉・なると屋の今月のごはん、西荻窪・のらぼうのいろいろ、

逗子・おかむらのせいろ、逗子・ビーチマフィンの豆腐のエンチラダス

鎌倉・小花寿司のひかりもの。

あとは、和菓子。吉信や虎屋や老松、ふたばの豆餅や亀十のどらやき。

「粉もの」と思っていたわりには「ここの」というのがなく、

たとえば、都ちゃんのクッキーやしょうご君のスコーン、

ゆういちろうさんのタルトなど、ともだちがつくるものが「食べたい」と思った。

みちこさんのごはんも、くうらやアレイの焼き立てパンもいいな。

さとみちゃんのローチョコも。

お店ではないけれど、白崎茶会のカレーとナンも。

 

でも、食べてもよくなると思いは意外と手放せる。

うん?   ちがうかも?

これは、少食をしていなくても、食べたいものだ。

遠くてすぐには食べられないものばかり。

 

食べ物は、食べるだけではないもの、だと気づく。

あのお店の、あの空気のなかでいただくもの。

あの人が、つくってくれたもの。

栄養やカロリーとはべつに「気」をいただいている、と、あらためて思う。

(カロリーは、もう20年ぐらい気にしたことがない)

食べすぎる・・・というのは、食べ物の「気」が足りないこともあるのかもしれない。

その足りない「気」を量でうめようとするのかも?

(大味のところは量でカバーをとても感じる。

化学調味料、または、安さ、手軽さでカバーも)

おいしくて、ついつい・・・も、もちろんあるけれど。

いま、気づいたけれど「食べたい」と思っていたお店は

みんなつくっている人がわかっているお店だ。ふーむ。

 

実際にからだが変わっていくことは

「食べ物でからだとわたしができていく」のと

「食べないことでからだとわたしが治癒していく」日々だった。

いのちや、からだというのは、何かがあると優先順位をつけるのだと思う。

それは、脳がそうするように指示をだすのかもしれないし、

もっと根源的なものかもしれない。

わたしのからだだけれど、

わたしの知らないことがたくさん起きる場所。

 

目に見えないところで、からだが、いろいろしてくれる。

こちらができることは、そのスイッチをいれやすくすること。

または、スイッチをいれること。

今回、そのスイッチのひとつが「少食」だったのだろう。

スイッチは、いくつもある。

薬だってそうだ。鍼や整体やホメオパシーもそうだろう。

自分のすきな方法でスイッチをいれればいい。

速攻で効くスイッチ、ゆるやかに効くスイッチ。

スイッチをいくつか知っているのは、大事だ。

 

いま、わたしのからだは、折れた骨の修復に力を注いでいる。

エネルギーを使っているのが、わかる。

不思議なことに、骨折したことがわるいことだと思えない。

ある人から「骨折はあと押しになるみたい」とメールがとどいた。

ぬけた感じもする。ほんとうに。

不安やもっともっと・・・がさらに遠くへ。

必要なものとそうでないものも、よくわかる。

つながっている感覚も。

そんな感じが・・・なんて、だいじょうぶ?  と、思う人もいるだろうけれど

ジャッジする必要は、もう、ないものね。

人は、どんどん変われるね。

 

 

今度、葉山にもどるのは9月になると思う。

そのとき、また、あの不思議な病院に行き、診てもらおう。

先生、なんて言うかな?

「少食」日記、ひと区切り。

 

・・・・・・・・

 

「あっ、そうだ。歯医者さんにも聞いておこう」と

東京のかかりつけの歯医者さんに電話した。

受付の方に「骨折して、歯とは直接、関係ないのですが・・・」と言うと

「そんなことありません」と。

ひと通り話をして、すこし腰が痛いのと(松葉杖を使うので仕方ない)

首の張りをつたえた。

夕方、再度、電話をすると、先生からの指示は

「おへその上15センチを凍らせた保冷剤で、朝食後と夕食後30~40分後に1分冷やす。

それを5日間。様子を見て変わらなければ、また連絡ください」とのこと。

やってみよう。

 

 

5月20日

朝 玄米あまざけ

昼 ピタパン(粉もの解禁。アリサンのピタを買ってあったのだ)   かぼちゃサラダ(豆乳マヨネーズ)

にんじんサラダ(タヒニ 醤油)

夜 ごはん おみそ汁(大根 油揚げ)  ひじき煮 テンペの照り焼き

 

5月21日

朝 玄米あまざけ(あずきいり)

昼   野菜のあんかけごはん(小松菜 油揚げ しいたけ たまねぎ 葛粉 醤油)

夜 とても眠くて夕方から就寝

 

5月22日

朝 ピタパン にんじんサラダ(タヒニ 醤油)   かぼちゃスープ

昼 ごはん おみそ汁(大根 油揚げ 大根菜)    ひじき煮 かぼちゃのもち粟

おやつ 紅茶 クッキー

夜    ごはん 大根ステーキ そら豆ソテー かぼちゃサラダ にんじんサラダ


「少食」日記15

2013/05/19

毎週一回、鍼に通っている。高松の町まで。

先日、行ったとき先生から「いままで一番、脈がいい」と言われた。

わたしも、最近、からだの感じがなんとなく変わってきているのを感じていたので

「そうか。こういう感じだと脈がいいんだ」と思った。

体内が充ちている・・・という感じかな。

元気いっぱい、というよりも充ちている。

「過不足ない」も、ちかいかもしれない。

足りなくもなく、有り余るのでもなく・・・。

 

翌朝早く、うとうとしながら「もうだいじょうぶ」と感じた。

自分で感じたのか、何かが知らせてくれたのかはわからないけれど、

「だいじょぶ」と思った。

ひと区切り、だ。

しばらくは——-2か月くらいは—–週に一度、鍼に通い

そのあとは、すこしずつ間隔をあけよう。

少食をはじめて、ちょうど一か月経った。

 

目をさまし「よしよし」と思いながら、その日、でかけた。

むかった先は、小豆島。

 

そこで、思いもよらぬことが起きた。

 

フェリーに乗ろうと足早に歩いていたとき、

段差につまづいてころんだのだ。

足元を見ていなかったのと、早足で歩いていたせいで、

勢いがついていて、そのまま前のめりに。左膝と両手をついた。

わたしもびっくりしたけれど、フェリーのおじさんもびっくり。

ふたりであたふたしてしまった。

「痛いなあ」と思ったけれど、そのまま船に乗りむ。

すりむいた左膝から血がにじんでいる。

売店に行ったら、絆創膏は売っていなかった。

でも、わすれものだという絆創膏をくれたので、それを貼る。

そして、島で待ち合わせしていた、いのうえさんにメールをした。

 

高松港から小豆島までは1時間。

島についたとき、いのうえさんは、すばらしいことに氷嚢を用意して待っていてくれた。

痛みはあったけれど、その氷嚢を左膝に当てながら島めぐり。

はじめての方たちにも会え、EATにも行け、一日を過ごした。

 

翌日、足がすこし腫れていたので、念のために整形外科に行くことにした。

あくまでも「念のために」。

そこで、レントゲンを撮ったり、触診したりしたわけなのだけれど(ここは、飛ばします)

結論として・・・左足の膝のお皿が骨折していたのだ。

「えっ、骨折?!  骨折って痛いんじゃないの?」と、思った。

だって、そんなに痛くなかったから。

確かに、膝を曲げることはできないし、曲げると「あたたたた」と痛いのだけれど

想像していた「骨折」は「もう、痛くて痛くて」だと思っていた。

だから「骨折していますね」と先生に言われたとき、

「はぁー」と、間のぬけた声をだしてしまった。

 

「骨折かあ。骨折って、どうなるんだろう?」と思っていたら

先生が、これからどうするかテキパキと話してくれた。

「ギブスをします。そうしないと曲げてしまうので。

幸い手術はしなくてよさそうです。(折れ方がよかったそう)

でも、血が溜まっているのでそれをぬきます」。

足の腫れは、内部での出血が原因だったようで、注射器で血をぬきはじめた。

そのとき、お皿をさわられたのだけれど、確かに痛かった。(ここで実感)

そして、血液は注射器2本分。多い。

「負担がかかるので松葉杖に。曲げないように。安静に」と

矢継ぎ早に、いくつか言われる。

聞きたいことはいくつもあるのに、結局、聞けなかった。

(あとで看護士さんに確認しました)

 

ということで「少食」生活がひと区切り、と思ったら

今度は、松葉杖生活になりました。

全治、2、3か月だそうです。

 

6月、7月に予定していた仕事もワークショップもあそびも、すべてキャンセル。

6月9日のWSだけはやろうと思っているけれど、

その前もあとの予定も連絡して延期していただいた。

 

わたしは、手帳に予定を書くとき、えんぴつ(シャープペンシル)で書いている。

以前、冨田貴史さんと話したとき、えんぴつ書きを勧められたことがあって。

そのため、今朝、手帳にあった予定をすべて消しゴムで消した。

そこは、きれいな白紙になった。

 

ともだちから「へこんでない?」とメールがきた。

それが、まったく、全然、だいじょうぶなのだ。

もちろん「シャーワーどうしよう」(いいグッズを見つけました)や

「洋服の脱ぎ着がしづらい」や「出歩けないなあ」や

「あたたたた」などの日常の不便さはあるのだけれど、

あせりもないし、がっくりもない、「あーあ」というのもない。(海で泳げないのは残念だ)

もしかしたら、突然で受けとめられていないのかもしれないけれど

へなちょこな理由で骨折して、大人しくしなければならなくなったことに

「へなちょこだなあ、わたし。ははは」と、そんな気持ちなのだ。

迷惑をかけてしまった方たちには申し訳ないのだけれど

もっと「休め」なのかなあ、とも。

なんだろう、このふっきれ感。

以前のわたしだったら、こんな気持ちにはならなかっただろうなあ。

自分が納得する「理由づけ」はあとにして、

部屋で、家で、できることを、しばらくすればいい、といまはそんな気持ちでいる。

 

病院に行ったのは、腫れていたのもあるけれど

東城百合子さんの本に「骨折」のページがなく、

骨折は「別ものなんだ」と思い、行くことにしたのもある。

 

折れた箇所が膝なので、治ったとき、いままでのように脚を組むことができるかが気になる。

坐禅がちゃんとできる(それなりの時間)といいのだけれど。

 

「少食」日記の全体感想は、また、後日に。

「少食」は「やってよかった」。

 

そうそう。

家ヨガをはじめようとあたらしいDVDをたのんでいた。

骨折した日の夜にそのDVDがとどいた。へなちょこだ。

 

 

5月16日

朝 梅醤番茶 ぽんせん

昼 玄米リゾット(たまねぎ じゃがいも にんじん れんこん)

夜 ごはん おみそ汁(大根 わかめ)   豆腐ステーキ(醤油)

 

5月17日

朝 玄米あまざけ

昼 外食 野菜スープ(たまねぎ にんじん じゃがいも さつまいも などいろいろ)

パン

おやつ ドライいちぢく

夜 納豆ごはん(大根菜 のり 醤油)  おみそ汁(わかめ 油揚げ)  たくわん うめぼし

 

5月18日

朝 玄米あまざけ

昼 ベジサンド(ちろりん村)

おやつ 南部せんべい(オーサワのもので砂糖不使用 これ、おいしい)

たんぽぽコーヒー

夜 ごはん 蒸し野菜(かぼちゃ そら豆 にんじん)

 

5月19日

朝 たんぽぽコーヒー 南部せんべい

昼 ごはん おみそ汁(新たまねぎ 小松菜)  にんじんサラダ(タヒニ 醤油)

ひじきの煮物(ひさしぶりに味醂使用 油あげ 醤油)  かぼちゃサラダ(豆乳ズ和え)

納豆(大根菜 のり 醤油)

夜 ごはん ベジハンバーグ(アリサンのもの)   にんじん・かぼちゃサラダ そら豆


「少食」日記14

2013/05/15

結論から言うと、いろいろ食べた。ふふふ。

 

日曜日にひだまりに行ったとき

手作りのパウンドケーキを持ってきてくれた方がいて

そこで焼き菓子をふた切れいただいた。

昨日は、夜、おせんべい(サラダ味)を。

おせんべいは、自然食品屋さんで選んだものなので、味はおだやか。

材料はシンプル。(グルタミン酸などはなし)

ただし、油をつかっている。サラダ味なので。

 

さて、どうだったか・・・というと

いまのところ、胃の痛みや重さもなく、背中の違和感もない。

おいしく食べられて、問題がなければ、うれしい。

 

ちいさな変化・・・として感じたのは、今朝、目ざめたとき、すこし頭が痛かったこと。

すぐ、大丈夫になったけれど。

この痛みは、昨日、海に行き、ノースリーブで過ごしたからかもしれないし、

食べ物(おせんべい・またはやや食べすぎ)かもしれない。

気持ちよくてノースリーブでいたら、さむくなったから。

どちらなんだろう?

 

やっぱり、海はいいな。

自分のなかにある不要なものが流れでていく気がする。

 

今回の「少食」は、食べないことが目的ではなく

調子がよくないところをよくしていくためにやっている。

食べられるのなら、おいしくいただきたい。

でも、もう一歩ふみこんで見つめたいこともある。

病院に行ったとしても、薬を飲んだとしても

習慣(それが無意識であっても)を見直さないと、原因がそこにあるまま、だ。

からだだけのことではなく、こころにも、原因があるかもしれない。

今回は、急なストレスが原因だと思うけれど

受け流し方を学んだり、自分の行動を知れば(何に対して反応しやすいか・・・など)

次にちかいことが起きても、ストレスに感じなくなれる(かもしれない)。

原因が、現象としては外からのものだったとしても

自分に寄り添うように見てみると、あたらしい見方と出合えるときもある。

自分をより知ることにつながる。

何に対して反応するか、は、

思っているより深いところに理由があるときだってあるしね。

 

ここ数日、玄米あまざけに煮た小豆(昆布をいれて煮て、味つけは塩だけ)をいれて

飲んでいる。(食べている?)

ベトナムのチェーのあたたか版のよう。

「あまいものが・・・」というとき、ぴったり。おいしいよ。

 

 

5月12日

朝 玄米あまざけ(塩小豆いり)

昼 納豆ごはん(大根菜 醤油)

おやつ パウンドケーキ(ブルーベリーいり 夏みかん・くるみいり)

夜 玄米ビーフン(たまねぎ きゃべつ にんじん しいたけ 醤油)

 

5月13日

朝 玄米あまざけ(塩小豆いり)

昼 ごはん 野菜の味噌味をのせて(キャベツ たまねぎ にんじん グリンピース)

夜 ごはん おみそ汁(だいこん わかめ)   コーフーの醤油煮(市販のもの)

スナップエンドウ キャベツのごま和え

 

5月14日

朝 おむすび(ひじき)  梅醤油番茶

昼 おむすび(ひじき 梅 味噌 大根菜)

おやつ 紅茶

夜 ごはん グリンピースのマッシュ(塩)  新たまねぎのゴマ和え(しょうゆ)

ひじきサラダ(梅酢 スイートコーン)       食後におせんべい

 

5月15日

朝 玄米あまざけ(塩小豆いり)

お昼 テンペのせごはん(大根おろし のり 醤油)

おやつ ソイミルクティー

夜  ごはん そら豆の塩ゆで ポテトさらだ(ハーブソルト)   にんじんサラダ(タヒニ 醤油)

スープ(玄米ビーフン スナップエンドウ)   たんぽぽコーヒー


page top
© hirose yuko All rights reserved.