ガラスのシャーレ

2014/11/26

昨日は益子へ。

 

途中、友人がつれて行ってくれたお店で
ガラスのシャーレと出合いました。
陶器の染料を顕微鏡で見るときに
使われていたものだそうです。

 

古いものでガラスがゆがんでいます。
いまは、もう、つくれない・・・もの。

 

ものは不思議です。
見て「あ、これ」と思うものもあれば、
何度か見ているうちにこころ惹かれるもの。
ガラスのシャーレは、店内を何周もしたあと、手に取りました。

 

アクセサリーをいれよう、と。

 

わたしは、アクセサリーをあまり持っていません。
持っていても日々、気軽につけられるものばかりです。
そのなかで唯一高価なものは(多分)
母の遺してくれたパールのネックレスと
パールのピアスです。

 

ネックレスは、母が若いときにつけていたもので
50年くらい前のものではないかなあ。
もしかしたら、もっと前のものかもしれません。
ピアスは、二十歳のお祝いにくれたものです。

 

ネックレスは以前、お店で手入れをしてもらったことがあります。
パールをつないでいる糸を
すべてあたらしくしてもらいました。

 

 

 

いままで、パールのネックレスに合う容れ物がなく、
やわらかい布につつんでいました。
それが、昨日「このシャーレにいれよう」と思ったのです。

 

お店の方とキズがすくないシャーレをふたつ選びました。
ひとつ500円。
値段とは関係なく
真剣に選びましたよ。

 
パールとガラスは合いますね。
布にくるんだままは、キズや陽から護られるけれど
「目に見える」ようになると
そのものの気配が濃くなります。
思い出がよみがえってきます。

 

いい買い物をしました。
そのお店は、
古本のセレクトもとても好みだった。

 
母がわたしに遺してくれたものは、
このアクセサリーと数点の着物、
そして「自分で生きていけるように」という姿勢。

 

いま思うと

充分すぎるくらいです。

 

IMG_2944

page top
© hirose yuko All rights reserved.