ロルフィング・メモ2

2014/05/05

2014.4.30

 

前回の施術から3週間以上あいて2回目のロルフィング。

雨のなか北鎌倉へ。

 

まずは、立った状態を見てもらったあと施術へ。

「今日は脚、膝下横の部分です」。

 

仰向けになり、まずは背骨を。

この前より背骨がのびているそう。

よしよし。

つづいて左脚、膝下から。

 

1回目の施術がまったく痛くなかったので

確認のためロルフィングは痛いのかどうかを聞いてみた。

すると・・・。

「ふつうはこういう感じでやる人が多いんですけど

ぼくはちがうんです」と。

ふつうはこういう感じ・・・を実際にやってみてくれる。

指圧のすこし強いような感じ。

 

前回は「触れる」感じだった。

これでずっとやってもらえるんだ。

緊張しなくていい。

痛いと—–多少、痛くてもいいのだけれど—–

からだは緊張するので

痛くないほうが多分・・・いい。

 

今回も左から右へ、という流れ。

 

ときどき「どうですか?」と聞かれる。

はじまったときは

すこし呼吸が浅くなっていたけれど

時間の経過とともに呼吸が深くなるのがわかる。

けれど、今回はやっている間は、

おおきな変化はあまり感じなかった。

何度か「よく、わかりません」と告げる。

 

脚が終わり、つづいて肩に。

こちらも、変わったかどうかはわからなかった。

 

変化に気づいたのは、上体を起こしてから。

肩、というか腕が、からだと「つながっている」ことを

強く感じる。

「腕がある、という感じではなく

心臓とつながっていると意識してみてください」と

言われる。

意識してみると、腕がすっと軽くなる。

「はい。いいですね。そういう感じです」。

 

心臓?   と思ったので質問してみる。

「腕と心臓はつながっているんですか?」

 

「胎児のとき、最初に内臓ができて

そのあと腕ができるんですが

骨からできるのではなく

腕ができ、そのなかに骨の芽があり

その芽から骨が形成されていくんです。

だから、心臓から腕ができるという感じなんです」

(言い回しはすこしちがうのですが、こんな内容です)

 

なるほど。

「ボニョに手足がでるときの感じですね」。

「ああ、そうですね」。

 

施術はここで終了。

ベッドから下り、歩いてみる。

 

施術のときは変化がわからなかったけれど

歩いてみると変わっているのがわかる。

足が大地にぴたりとついている。

重力にひっぱられるような感覚だけれど

重いというわけではない。

重心がより下になった?   感じなのかな。

 

日々の散歩をつづけるように言われる。

次回は2週間後。

 

1回目は、終わったあと、ぐったりしたけれど、

2回目は、からだが軽くなった。

ロルフィングを受ける前までは

月に一度、鍼灸を受けていたけれど

4月は受けていないことに気づく。

 

そうだ。

最初に「胃がつかれている」と言われた。

ここのところ食べすぎている。

食べすぎないようにしよう。

 

 

 

 

page top
© hirose yuko All rights reserved.