時間をはずした日

2013/07/25

今日は13の月の暦で「時間をはずした日」。

明日は、新年になる。

 

13の月の暦は、マヤ歴の時間を元に一年を13月として捉えている暦で、

おもしろいルールがある。

おもしろい・・・けれど、理解するにはすこしの知識が必要で

葉山の家では、タカさん(冨田貴史さん)に何度かWSをしてもらい、みんなで学んだ。

 

ひとりひとり自分の「太陽の紋章」というものを持っていて

かんたんに言ってしまうと、生年月日で決まる。

わたしは「白い世界の橋渡し」というもの。

 

時間をはずした日は、とくに決まりはないけれど

「浄化」と「調整」だと思っているので、

今日は、しずかに過ごそうと思った。

それで「午前中がおすすめです」と言われた仏生山温泉へ。

こちらに来て、何度も行っているけれど

午前中に行くのは、はじめて。

いつもは混んでいるのに、平日の午前中は人も少なく

ゆっくり、たっぷり、お湯につかった。

1時間半ぐらいはいっていたかな。

 

いまの季節は、33℃の炭酸冷泉がおすすめ。

はいっていると、からだが気泡につつまれる。

33℃のお湯は、ぬるめの海水にはいっているよう。

そして、なぜか、ここのお湯はすこししょっぱい。

 

低温なのでずいぶんと長くつかることができ、

すこし肌寒くなったら、ふつうの温度のほうへ。

 

わたしは、ここの温泉がすきなのだけれど

「どうしてかなあ」と思いながら、今日、はいった。

多分・・・エネルギーがいいんだろう。

お湯もいいし、造りがすてき、というのもあるけれど

「気持ちよくすごしてもらいたい」という思いが、ところどころに見える。

そのエネルギーが、つたわってくるんだろうなあ。

 

 

今日は、浴槽の縁に頭を置き、青空を見上げながらはいった。

さわさわさわと風が通りぬけていく。

 

page top
© hirose yuko All rights reserved.