あめ、帰らず

2013/07/01

昨日の夜、あめが帰ってこなかった。

夕方、いつものようにごはんを食べ、ベランダへ。

暑くなってから、あめはベランダですごすことが多い。

でも、1時間毎に部屋にもどってきては「ニャー」と鳴き、

なにかを確かめるようにして、また、ベランダに行く。

夜「そろそろ寝ようかな・・・」と思うときは「あめ」と呼べば、部屋に帰ってくる。

それが、昨夜は、まったく顔を見せないし、呼んでも、返事もないし、帰ってもこない。

ここは共同住宅の3階。行動範囲は限られている。

あめの行く先は、ベランダの端から端とおとなりの部屋ぐらい。

「うーん。これは落ちたのかもしれない」と思い、8過ぎ、下まで見に行った。

でも、気配はない。

どこかの部屋であそんでいるのかも・・・と、楽天的に考え

部屋にもどり、さらに1時間半待ってみる。

9時30分。

帰って来ない。これは、かなりおかしい。10時前にまた下に降りていくことにする。

 

懐中電灯を手にして、さきほどとは反対から建物のまわりをぐるりとまわる。

ここは、山のなかだけれど山奥に温泉があるため、思いのほか車がよく通る。

気持ちは焦るけれど、松葉杖なので思うように歩けず・・・。

と、そのとき、建物の横に停めてある軽トラの下から、ねこのちいさな声がした。

あめは、そこにいた。

 

確かなのは、玄関からでていっていないこと。

つまり、3階のベランダから飛んだか、落ちたかにちがいない。

ケガをしているかどうかは、暗くてわからなかった。

「ふたりして(わたしとあめ)骨折だったりして」。

 

 

抱きかかえて部屋にもどりたいけれど、松葉杖だとかかえられない。

仕方なく、松葉杖をその場に置き、意を決して(大げさ)

一歩一歩、ころばないようにしながら、階段をあがり部屋にもどった。

汗びっしょり。

さいわい、あめにケガはなかった。

帰ったらノビをしていたのでだいじょうぶだろう。

 

明けて今日。

いつもは、朝ごはんを食べるとすぐベランダにでるのに行かない。

昼も部屋で寝ている。夕方も。

昨日は「もしかして、3階から飛んだのかも」と、思ったけれど

「落ちた」というのが、ほんとうのところかもしれない。

どちらかわからないけれど、無事でよかった。

 

早く、脚を治さなきゃ。

 

page top
© hirose yuko All rights reserved.