セルフケア

2013/06/08

骨折してからお灸をはじめた。

鍼でお灸をしてくれると、めぐりはじめるのだ。おもしろいように。

それで「また、自分でもやってみよう」と思った。

何より、かんたんなところがいい。

 

お灸で思い出したのだけれど

一時的に、鍼から遠ざかっていたときがある。

クラシカルホメオパシーをやりはじめたとき「鍼は止めてください」と言われたのだ。

「そうだった。そう言われていた。でも、いま、レメディ飲んでいるけれど・・・?」

確認したほうがいいと思い、いまのホメオパスの方に聞いてみた。

今回は、クラシカルではなく、プラクティカル。

聞いたところ、プラクティカルは鍼は禁止ではないと言う。

そうか・・・よかった。

プラクティカルのホメオパスの方には「どうしてだめなんでしょうね?」と。

わたしが当時、聞いていたのは、「鍼をするとレメディの効果が減ってしまうから」と

いうようなことだった気がする。

(わたしが今回、プラクティカルにしたのは、そのホメオパスの方が

「ホメオパシーとは何? と聞かれたら、美しいもののひとつ」 と言われたからです)

 

そうそう。お灸。

お灸、いいです。

まず、自分のからだを自分でさわる、というのがいい。

どこが痛いか、どこが気持ちいいか、確認しながらお灸をおくポイントをさがす。

「ここが意外と痛む」というところもあれば

「ここを押すと気持ちいい」ということがわかる。

日ごろ、そんなに自分のからだを細かくさわらないので

自分のからだがどうなっているか、

どこの筋が張っていて、どこの筋がどこにつながっているかがわかる。

痛いところはそこだけに痛みがあるわけではないのを知る。

「効果がある」という箇所は、からだの思ってもみない場所にある。

 

熱めのお灸をすると、一気に流れだすときがある。

おだやかなお灸は、そのままおだやかにじんわりと気持ちいい。

自分のからだを自分で見ている、感じようとしているということそのものが

からだにとっては「いい」気がする。

 

まいにちお灸をしていると、自分に効くポイントがすこしずつ決まってくる。

自分・・・というより、みんなに共通している箇所なのかもしれないな。

わたしがここのところつづけているのは、

合谷、曲池。湧泉。首のつけ根は風池か天柱。

ツボにはちゃんと名前があるんですね。

そのうえで、気になるところにお灸を置く。

 

首や背中は自分でやるにはやりにくいし

火がついているものをひとりで扱うのはすこしあぶない。

そこで登場するのが「火を使わないお灸・太陽」。

いろいろ試した結果、いま、三種類のお灸を使いわけるようになった。

首や腰には、火を使わない太陽。

足の裏や手の甲など比較的、温度が高くてもだいじょうぶな箇所は伊吹。

腕の内側など、温度が低めなほうがいいときはアロマ灸。

最初「アロマ?」と思ったのだけど、温度でえらんでみました。

 

いまは骨折もあるので週に一度、鍼灸に通い、お灸もしてくれている。

しばらくしたら、通う間隔をあけ、そのままセルフケアをつづけよう。

まあ、元気になると、やらなくなってしまうんだけどね・・・。

 

あと、もうひとつ試してみたいことがあるのだけれど

これは、いま、やっていいか確認中。

だめ・・・と言われても、やってみたいなあ。

 

page top
© hirose yuko All rights reserved.