「少食」日記13

2013/05/11

昨日は、徳島(と言ってもすぐそば)のひだまりで草の酵素ジュースづくりのワークシッョプ。

雨がぽつっぽつっと降ったり止んだり。

そのお陰で新緑がみずみずしく、空気もやわらかく、陽ざしはおだやかで

気持ちのいい時間をすごした。

WSに参加してくれたじゅんこちゃんを送りがてら、お茶を。

そこで、なんと!(大げさ) バームクーヘンを食べた。それも市販のもの。

あんなことがあったのに(5月5日)。→その結果は翌朝に。

 

夜は、ごはんとおみそ汁と切り干し大根。

切り干し大根は、油を使わず水煮でつくった。味つけはお醤油だけ。

いつもは、ごま油と味醂をつかうのだけれど、

でも、これが、おいしかったのだ。

切り干し大根の甘みがあるので、お醤油だけでもあまみを感じる。

しいたけをいれたのもよかったのかもしれない。

歯ごたえのよさと、干した大根のあまみ。

たっぷりつくったのに、ぺろりと食べてしまう。

「食べすぎじゃー」と、おぼえたばかりの徳島弁で思った。

 

バームクーヘンを食べた結果は、朝、目やにとしてでた。(こんな話を書くなんて)

花粉症のときのように、からだが何かを外にだすのと似ている。

「こういう反応か。ふむふむ」と思いながら、ちほさんにメール。

「目やにがでるのは、消化しきれなかったあらゆる油脂が肝臓に負担をかけているサイン。

豆乳、粉、甘いものでもでます」と。

粉、甘いもの、食べすぎ・・・どれも当てはまる。

少食をしていなかったら、こんなちいさな変化には気づかなかっただろう。

「ん?  今朝は、目が開きにくい」と思ったくらい。

あとは、すこしからだが重い。

 

ちほさんから再びメール。

スイーツを食べるのは、一番さいごの段階らしい。1号食とのこと。

動物性のものやくだもの方が先で、それが2号食。

5号食から数字がさがっていく毎に野菜の量が増えていく、とも。

5号食は、野菜の割合が10%、3号食は30%、と、なるそうです。

理想的な標準食は、全粒穀物50~60%、野菜30~40%、それにお汁、豆、海草など。

それにしても粉もののお菓子への道はずいぶん先だなあ。

「明けない夜はない。終わらない締切はない」と言い聞かす。

 

 

 

5月10日

朝 玄米クリーム

お昼 おむすび(梅味 たくわん白ごま味 ひじき味)

おやつ 紅茶 バームクーヘン(!!!)

夜 ごはん おみそ汁(えのき 油揚げ 大根おろし)   切り干し大根(しいたけ)

 

5月11日

朝 玄米あまざけ

お昼 おみそ汁(キャベツ)

夕方 ごはん(たくわん 白ごま のり 醤油)

おやつ 玄米あまざけ

夜 ごはん おみそ汁(竹の子 わかめ) 切り干し大根(また)

大根場の磯和え(のり、醤油)    小豆煮(塩 昆布)

page top
© hirose yuko All rights reserved.