「少食日記」8

2013/05/02

「あと一週間、5号食にしてみては?」とちほさんに言われて今日で一週間。

「少食」をはじめてから20日。

すこしずつふつう食にもどしてもいい時期かもしれない。

おととい辺りから、からだが変わったのを感じる。

今朝、ふわふわ感が消えているのに気づいた。

重い・・・だるい重さともすこしちがう、重さを感じる。

昨夜は、背中も痛くならなかった。その代わり沈みこむような深い眠り。

あめが鳴いても起きないくらい、深い眠りのなかにいられた。

回復の兆し・・・なのかな。

だからと言って、ここで「えいっ」とはしない。

しばらく大事をとって、様子を見ながら、ゆるやかにすごすことにする。

5号食とふつう食とをいったりきたりでもいい。

あせっても、あせらなくても、変わらないのだから。

 

今日は、お昼にまるちゃんとスカイプで話した。すごくおもしろかった。

からだのことを聞いてみた。そもそも「からだって?」ということも。

 

今日のお灸は、両踵と左腕2か所。

腕は押すと「むむむ」というところが2、3か所あるので広げてみた。

お灸で思い出したのだけれど、わたしはテルミーのセットを持っているのだった。

http://www.ito-thermie.or.jp/remedy/

うまく使いこなせないのでしまっているけれど、テルミーをしてもいいなあ。

からだの調子がよくないと、いろいろなことを思い出す。

「ああ、そういえば」ということばかりだ。

『セルフヒーリング・クックブック』や大森先生の本をめくったりも、そう。

以前つくっていた雑穀のレシピをさがしたり。

お灸もテルミーも、身近にあったのにいつの間にか暮らしの時間からなくしていた。

鍼も調子がわるくなると行くけれど、

本当はそうなる前に行けばいいことを知っている。

知識や情報は、引き出しのなかにいれておいて、

必要なときにとり出せばいいと思っていたけれど

日ごろから、出し入れして使うほうが、ずっといいな。

 

長いことつづけているのは、オイルマッサージとくつ下のかさねばき。

オイルマッサージは、いつからやっているかわすれてしまった。

かさねばきは、8年か9年ほど。(多分)

オイルマッサージのオイルは、ホホバオイルにオレンジとラベンダーの

エッセンシャルオイルをいれたものを使っている。

いろいろなオイルを使ったけれど、いまはホホバオイルが合っている。

季節や土地で合うものが変わる。年齢もあるかな。

香川はオリーブがあるから、オリーブオイルにしてもいい。

お風呂上がりにマッサージしたり、

気になったとき足だけマッサージすることもある。

 

かさねばきは、最初の2、3年は、シルクのくつ下を何枚も重ねていたけれど、

いまは5本指のうすいくつ下に、厚いくつ下をはいている。

(ミズノのくつ下をはいています。これは優れもの)

マクロビオティックをはじめて10年後ぐらいにはじめたので

デトックス効果はあまり感じず、どちらかと言うと「冷えないようにする」ため。

くつ下に穴があいたことがないので、

そういう話を聞くと「おもしろいなあ」と思う。

 

「少食」をはじめたころは、胃が重く、

そのせいか意識が「食べ物」ばかりにいっていたけれど

慣れてきたことと調子が変化したことで、意識する部分が広がってきた。

「そもそも、からだって?」が、おもしろい。

 

 

 

朝 玄米甘酒

昼 ばら寿司(すし三郎・白崎レシピが残っていたので にんじん ごほう 油揚げ)

昨日の残り かぼちゃともちあわ煮  もちきびのりんごジュース煮(レーズン)

おやつ たんぽぽコーヒー ぽんせん

夜 豆乳シチュー(にんじん たまねぎ さといも かぼちゃ 干ししいたけ 白みそ)

 

ひさしぶりに豆乳をつかってみた。まだ早いかな・・・と思いつつ。

page top
© hirose yuko All rights reserved.