「小食日記」3

2013/04/26

室戸岬に。

4月のはじめに「室戸岬」と急に思い「行こう」と決めていた。

予約を今日にしていたので、どうしようか迷ったけれど

宿泊予定のホテルに問い合わせをしたところ食事の対応をしてくれると言う。

夜ごはんは、ごはん(ひさしぶりの白米)と野菜の蒸したもの、塩・・・のみ。

早い時間にいただいたので、ほかのテーブルの人たちと会わずにすむ。

みなさんコースを召し上がるはず。

 

部屋にもどり、昨日のちほさんからのアドバイスをノートにまとめる。

依存しているものがいくつかうかんでくる。

紅茶、豆乳、粉もの、麺、チョコレート・・・。

粉ものより、紅茶と豆乳の依存のほうが強い気がする。

今朝、出がけに昨日のアドバイスの補足をいただいた。

わたしにあった調理法や今後の食事の内容・量がまとめられている。

「ぽんせんはOK」という文字がうれしい。笑

ちほさんから、たんぽぽコーヒーをいただいたのであとで飲もう。

 

泊まっているホテルは、海洋深層水のプールがあり、夕方、その海水につかった。

プールなので塩素がはいっているけれど、それでも、ひさしぶりの海水。

からだが解放されていく感覚を味わう。

水温も高く、ミストサウナも併設されているので1時間半ほどプールにいた。

 

今日は、昨日までのだるさが消え、空腹感もそれほど感じない。

長時間の運転も苦にならなかった。

むしろ、運転しながら「いま、ここにいる」感覚になったほど。

胃の重さはない。仙骨のあたりにすこし違和感がある。

あたたかい海水にはいったせいか、左肩の痛みがへっている。

「ひとり」という状況が、心地よく感じる。

生まれて、いつか亡くなる。

その間を「わたし」というからだと、こころと、たましいが生きている感覚がする。

昨夜のアドバイスのせいか、土地が変わったからか、すっきりしている。

 

 

4月26日

朝 玄米餅(醤油・のり)

昼 ごはん(ごま塩・梅干し)

夜 ごはん(白米)  蒸し野菜(かぼちゃ、青菜、れんこん、さといも、いんげんなど

ほうじ茶

 

・・・・・・・

 

日記をつける前に食べていたものを書きだしてみた。

なにを食べていいのかわからなかったところがあり

とりあえず納豆ごはんに、おなかがすいていないときはおみそ汁だけにしていた。

紅茶がどうしても飲みたいときは、あまりがまんせず飲んでいる。

 

4月17日

朝  クッキー 豆乳ティー

昼  おみそ汁(わかめ、じゃがいも)

夜      玄米おむすび(梅干し、味噌)

この日の朝にデコさんからメールをいただき、お昼から「少食」スタート

 

4月18日

朝 ごはん(わかめふりかけ、鉄火味噌ふりかけ)

昼 納豆ごはん

夜 おむすび(梅干し・のり)

打ち合わせがあり紅茶3杯

 

4月19日

朝 ほうじ茶

昼 マクロビオティックのランチコース

この日は誕生日でのうざきさんへ

前菜からデザートまで加減しながらいただく

夜 そば茶

 

4月20日

朝 おみそ汁(わかめ、れんこん)

昼 うどん(かけ、少なめ) 紅茶

夜 うどん(すだちいり、半玉)

 

東京からともだちが来たので、讃岐うどん屋さんへ

すくなめに、よく噛んで食べることに

そのあとカフェに行き紅茶を飲む

 

4月21日

朝 ほうじ茶

昼 イチジク入りパン スコーン 紅茶

夜 外食 ごはん(白米) おみそ汁(はまぐり)  サラダ少々 かつおの刺身(二切れ)

帰宅後  豆乳ティー パウンドケーキ

 

おんせんマーケットの日

ごはんを食べる時間がなく、差し入れのパン、スコーンを食べる

夜もともだちと町へごはんを食べに行きお刺身を二切れ

帰宅後、なんと、パウンドケーキ(動物性不使用)と豆乳ティー

おいしかったし、よく噛んで食べたので気にしないことにする

この日「やせた」と感じる

 

 

4月22日

朝 おみそ汁(れんこん、さといも)

昼 納豆ごはん

夜   おみそ汁(れんこん、じゃがいも、しいたけ、にんじん、ごほう)

 

夜、東京から来た鍼灸の先生に施術を受ける

左肩の痛みはなかなかとれず、全体にだるい感じ

 

 

4月23日

朝 豆乳ティー

昼 おみそ汁(のり、ねぎ)

夜 おみそ汁(わかめ)

だるさがとれないので、つづけて鍼灸

かかとに強めのお灸をしてくれたらスコンとぬけた感じ

page top
© hirose yuko All rights reserved.