ある日、ねこがやってきた

2012/12/06

黒ねこがやってきた。

下の集落のあるお宅から。

元々、黒ねこといっしょに暮らしたかった。できればメスの黒ねこと。

でも、出会ったのは、オスだった。

以前、いっしょに暮らしたことのあるのはオスねこだった。

ときどき、ケンカをしてケガをして帰ってくることがあり

それで、できれば「今度は・・・」と思っていたのだけれど。

 

「ねこ」と言っても、性格はいろいろで

今度やってきたねこは、おしゃべりで、あまえんぼうで、人見知りだ。

この家に来て1か月以上経つのに

未だに、だれか来るとかくれてしまう。

それ以外は、ほとんどわたしのひざの上にいる。

 

名前は「天」という字で「あめ」と呼んでいる。

 

あめが来て変わったのは、ふたりでよく話すことだ。

なんだかんだと人の言葉とねこの言葉でやりとりしている。

感覚としては、80%ほどは、通じている気がする。

あくまでも、こちらの感じとして。

それと、もうひとつ。それは、熟睡できなくなった。

わたしは、眠りにつくのも早く、そのまま朝までぐっすりだった。

けれど、夜中にごそごそと動いたり、ときどきツメが当たったり(偶然に)

それで起きてしまう。

あめが来るまでは、5時か6時には目ざめていたのに

いまはすこしおそくなった。

 

昨夜もごそごそと動き、目がさめてしまった。

風も強く、そのあとなかなか寝つけなかった。

そんなときだ。

背中に感じていたあめの気配が、急におおきくなったと思ったのは。

あたたかさが増したような気がした。

その感覚をぼんやりと感じていたら

「ああ、生きているって、あたたかいことなんだ」と思った。

「生命=あたたかさ」なんだ、と。

命が消えたものは、つめたくなる。

この場所で、あたたかなものがふたつ生きていることが、うれしかった。

 

あめが、これから、しあわせなねこ人生を歩めればいいと思う。

まだ、この世界に来て4か月ほどのちいさな黒ねこ。

うちに来てくれてありがとう。

 

 

 

page top
© hirose yuko All rights reserved.