Macの見方

2014/12/02

Macを使っています。
Mac以外、使ったことがありません。
でも、苦手です。
「うーん」となること度々です。
とくにあたらしく買いなおすとなると
気が重くなります。(いまはiPhoneがその時期・・・)
修理に・・・は、もっともっと気が重い。

 

スティーブ・ジョブズさんに興味を持ったのは
禅からでした。
愛読書が『禅マインド ビギナーズ・マインド』と知り
そうなんだ、となりました。

 

アップルの創業者や成功者としては興味を持たなかったのに
「禅」が、ジョブズさんへつなげてくれたのです。

 

禅とジョブズさんのことがある場で話題になったとき
「禅も、SNSも、人を自由にしてくれる。
ジョブズはそれを知っていたんだと思う」ということを
言った方がいました。
それを聞いたとき、
そこに、ふっと明るいものを感じました。

 
映画『スティーブ・ジョブズ』を
やっとやっと観ました。
映画館で観たかったのだけれど
見逃してしまった。

 

映画は映画です。
すべてがあの通りだとは思いません。
でも、よかった。
そして、MacとiPhoneの見方が変わりました。

 

できあがっているものは
「もの」として見てしまうけれど、
「もの」になるまでは
その後ろに多くの人の時間や知恵や
工夫や思いがあります。

 

この世界にないものをつくるとき、
実績も、数字もない人がなにかをやろうとするとき、
理解してくれる人
おもしろがってくれる人は、限られています。

そのことを思い出しました。

 

食べ物や器や本といったものには
そういう思いをそわせることがあるのですが、
苦手と思っているものは、
そういうそわせ方をしにくかった・・・。
できなかった。
しようと思わなかった。

 

多分、自分の理解を超えているからだと思います。
人は(と、いうか、わたしですね)理解できないもの
処理できない情報には、自分を閉ざすようになるから。
「苦手」「関係ない」とくくってしまうから。

 
Macをテーブルのうえに置いたままでも
イヤな気持ちになりません。
ほとんどの家電は、目につかないところに置いています。
でも、Macに関しては
ときどき「うつくしい」と思う。

 

映画を観て、その理由が見えました。
なんだか・・・Macに敬称をつけたくなる気分です。

 

映画を観てから
あの有名なスタンフォード大学でのスピーチを見ると
またちがう角度からことばが流れてきます。

 

あたらしい見方というのは
おもしろい、と思うのと同時に
そういう機会は、あるとき、突然、やってくるものなんですね。

 

Macに限らず
当たり前のようにあるものは、
当たり前にあるのではない、ということ。
人はだれでもスタートラインに立つときがある、ということ。

 


オーナメントづくり

2014/11/29

「オーナメントをつくろう」という話がでたとき

モミの木を買うことは、決めていました。
鎌倉のスーパーマーケットに併設されている花屋さんに
モミの木がならんだとき
いちばんちいさなものをお願いしました。
それでも、おおきいのですけどね。

 
友人たちと手を動かします。
他愛のないことを話しながら
あたたかな部屋で
おやつをいただきながら。
紙製でできた星は
友人がつくってきてくれました。
もうひとりの友人は
オーナメント用の糸を用意して
つくり方を教えてくれて。

白とシルバーでかざられたモミの木は、
今日、クリスマス・ツリーになりました。

 
若いころは「クリスマスか・・・」と
すこし思っていました。笑
でも、いまは、世界の多くの人が
その日をたのしみにしている・・・ということに
こころ動かされます。

 
なにかを思いながらすごす、
だれかを思いながらその日を待つ、
戦争でさえ止める力を持つ。
その日をしあわせにむかえられる人は
むかえられない人にこころを向け、
むかえられない人は、
むかえられるように・・・と願う。

 
「そういう日がある」ということ。

 
冬至がきて
また陽の時間が長くなりはじめます。
人の思惑を超えるところにある「日」。

 
もうすぐ12月。
ほんとうの冬は、もう、すぐそこです。


トーベ・ヤンソン展へ

2014/11/28

IMG_3010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーベを知ったのは、

もちろん、アニメの『ムーミン』です。
物語そのものの魅力もおおきいのですが
わたしは、トーベその人にとても惹かれます。

 
こどものころアニメで見ていたムーミンと
物語のムーミントロールのちがいを知ったとき、
トーベ・ヤンソンという人の背景を見たとき、
トーベとの関わり方が変化したように思います。
島暮らしの日記は、すきな本。
「かっこいい」とさえ思っています。

 
わたしは、
たくさんの本を手放しました。
とくにここ数年の引っ越しのたびに。
本棚まで手放してしまった・・・。
でも、こうして、また手元にやってくる本もあります。

 
古くからのともだちと
また、会ったような気持ち。
ちょっとめんどうな年のころも知っていて、
大変な時期もなんとなく聞いていて、
でも、いまでもその年のすてきさを
持っていて
前より軽やかになった、そんなともだち。

 
9冊のなかでは
『ムーミン谷の冬』が、いちばんすきでした。
いま読むと変わっているかもしれません。
時間は
「すてきなこと」をつれて来てくれるときがありますから。

 

 

 


page top
© hirose yuko All rights reserved.